top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

韓国コンテンツを底上げ? 「百想」「MAMA」など数々の授賞式と、愛ある批判文化

Real Sound

■トレンドとともに変化し続ける授賞式

 歴史ある賞であっても、常にトレンドをキャッチして、時代とともに変化し続けているのも韓国らしいところだ。OTT(動画配信サービス)オリジナルコンテンツの躍進が顕著な時代の流れを汲み、今年はOTTコンテンツを対象にした、韓国初の授賞式『青龍シリーズアワード』が開催された。さらに今年の百想では、本格的な審査前に、グローバルOTTの主要関係者、ドラマ・芸能・映画製作会社代表、大衆文化評論家、作家、PDなどの専門家とシンポジウムを開いた。急変する生産トレンドを分析し、審査基準について議論するためだ。その流れもあり、テレビ部門大賞を受賞した『イカゲーム』をはじめ、作品賞を受賞した『D.P. -脱走兵追跡官-』、脚本賞を受賞した『未成年裁判』などNetflixオリジナル作品が席巻。国内での評価に加えて、海外での話題性や評価なども考慮して、柔軟に変化し続けているのだ。

 映画『ミナリ』のスンジャ役で、韓国映画史上、韓国の女優としては初めて、第93回アカデミー賞で助演女優賞を受賞したユン・ヨジョン。彼女の青龍映画賞でのスピーチが印象深い。

「英国メディア、ガーディアンズのインタビューで、『パラサイト 半地下の家族』、BTS、『イカゲーム』と韓国大衆芸術がこのように突然世界的に脚光を浴びている理由を聞かれたが、“私たちはいつも良い映画、ドラマを持っていました。ただ世界が今、私たちに突然注目しただけ”と答えた」(※2)

 彼女の言葉通り、数々の評価の場と、韓国視聴者の厳しくも愛ある声によって芽生える「いい作品を作っている」という情熱と自信が、着実に国際舞台の扉を叩きながら、韓国エンタメが常に限界を超えて進化していく原動力なのかもしれない。

広告の後にも続きます

・参照
1. https://www.inews24.com/view/1241604
2. https://www.hankookilbo.com/News/Read/A2021112620320001010

(Nana)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル