top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

広島・新井監督の新方針「ケガ人公表」に選手が困惑「敵に塩を送ることになる」

アサ芸プラス

 広島の新井貴浩新監督が来シーズン、ケガ人情報を原則的に公開すると明かし、関係者の間で話題になっている。

 新井監督は、ゲガ人公表の意図について、次のように語った。

「必要最低限はアナウンスしていこうと。ファンも(ケガの程度を)心配している。シャットアウトをしない」

 この決定に、ある球団OBは一定の理解を示した。

「ファンサービスの一環として新井監督らしい決断だと思う。逃げも隠れもせずに戦っていこうということ。実直な性格が反映されているのではないか」

広告の後にも続きます

 だが、広島は緒方元監督、佐々岡前監督時代は全て「コンディション不良」で統一し、ゲガについてはいっさいの情報を出さなかった。当然というべきか、この新方針に現場は戸惑っているという。チームに近い関係者が困惑気味にこう語る。

「今まで公表していなかったのになぜやるのか。ファンサービスというだけでは、選手の理解はとうてい、得られないでしょう。故障、ケガの箇所がわかれば、完治までどれくらいかかるのかは想定できるし、無理して試合に出ていることもわかってしまう。対戦相手によってはそこを狙って攻めてくる可能性だって否めない。敢えて敵に塩を送る必要はないでしょう」

 監督の方針は選手心理に大きな影響を及ぼす。プラス方向に作用すれば良いが、今のところ、球団内はネガティブな反応しか起きていないようなのである。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル