top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「もっとちょうだい」有村崑が初めて明かした不貞相手との「卑猥な隠語」の中身!

アサ芸プラス

 11月20日、ロンドンブーツ1号2号・田村淳のYouTubeチャンネル〈田村淳のアーシーch〉に、映画コメンテーターの有村崑が出演した。

 有村といえば、21年5月に艶系女優とのホテル密会が報じられ、同年7月にフリーアナの丸岡いずみと離婚。同年8月にフジテレビ系で放送の情報トーク番組「バイキングMORE」(今年4月1日に番組終了)に出演した際には、アンミカから、

「アホやなと。むちゃかっこ悪いやんと。なんのストレスであろうと言い訳にならない。残念。見られる人としてはやるべきことじゃない」

 などと厳しい指摘を受けていたものだった。

 そんな有村は田村に対し、当時の不貞問題について、LINEを使ってその艶系女優に卑猥な言葉を送っていたことも「概ね事実です」と明かした。

広告の後にも続きます

 そして田村が、「ここだけは言わしてくださいみたいのないんですか」と促すと、有村はこんな事実を語り始めたのだ。

「初めて喋りますけど、かなりその女性の方に乗せられてます。もっとちょうだい、じゃないですけど、ボクが卑猥な隠語を送る前の文も、どちらかと言うと乗せられてやっちゃってるんで。(中略)ただ、乗せられて喋ってるボクも事実なんで、だから概ね事実というところですね」

 有村は卑猥な隠語についてさらに詳細に語った。例えば「大人の男女の行為」をクイズ形式の3択にして「好きなやり方」を彼女に聞いていたというのだ。

 こうした発言に芸能記者は苦笑を滲ませる。

「有村から率先して卑猥な隠語を送りつけたわけではないことの弁明にはなりました。しかし、事実と認め、一見潔いようで、乗せられたから応じたという言い逃れにも聞こえましたね。もっとも、この後、有村は、『ただ、どう転んでもボクが悪いんで、そこに関してはしっかり反省しなきゃいけないなと思ってます』とも口にしていました」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル