top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「不貞相手が自分の部屋で自死」荻野目慶子が語った「女の情念」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

アサ芸プラス

 いいか悪いかは別にして、とりあえず自分が置かれている立場にいったんけじめをつける。実は、そんな再出発の場所として記者会見が利用されるケースは少なくない。

 ただし、それが大スキャンダルの後、ということになると、そこに座らされる人物にとっては「針のムシロ」となるのだが…。記憶に残るそんな会見が、90年6月22日、京都・太秦の京都映画撮影所で行われた、女優・荻野目慶子のそれだったように思う。

 会見から溯ること53日の4月30日。彼女の恋人で15歳年上だった映画監督のA氏(当時43歳)が自ら命を絶った。その場所が彼女の自宅マンションだったこと、さらに荻野目自身が第一発見者だったことで、大きな衝撃が走った。

 2人は映画「幕末青春グラフティRONIN 坂本龍馬」で、監督と出演者として出会い、いつしか深い関係に。しかし、A氏には妻子がいたため、2人の関係は「許されぬ恋」。そして「事件」直前には、別れ話が出ていたという。

 とはいえ、留守中に恋人が自分の部屋で命を絶つという、壮絶な場面に出くわした荻野目のショックは大きく、入院することに。女優業も休止することを余儀なくされていた。

広告の後にも続きます

 そんな彼女がオファーを受けていた松竹映画「陽炎」(五社英雄監督)の撮影に参加。奥山和由プロデューサー同伴で、はじめて口を開くことになったのが、A氏の四十九日法要を終えた、この日だった。

 200人を超える報道陣の前に現れた彼女は頬もこけ、憔悴しきった表情で時おり声を詰まらせながら、こう語った。

「A監督は純粋な方で、表現することの素晴らしさを、いつも教えてくれた人です。与えられた命を、素晴らしい才能を、そして、どんなにか心配していた友達のことを、もっと大切にしてほしかった。不器用な生き方と愛し方をしてきて、人をこんなに傷つけてしまい悲しかった」

 別れ話を切り出したのは彼女だったというが、「1人になりたい」と告げる荻野目に、A氏は「そんなこと(死んだほうがいい)をおっしゃったこともありました」と唇をかみしめる。

 女優復帰については、「私を必要としてくれる人がいたことがとてもありがたく、一生懸命やらせてもらうことにしました」と新たな一歩を踏み出す決意を覗かせると同時に、「人を愛し、信じることを忘れてしまったら、女優というお仕事はできません。愛するということは、忘れたくありません」と語った。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル