top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

ヴェネチア・釜山に続く快挙!カイロ国際映画祭 最優秀脚本賞受賞!映画の大ヒットを記念し、妻夫木聡と脚本の向井康介氏が登壇、映画『ある男』を語り尽くす!

cinefil

Q:大変すばらしい作品でした。今日で5回目の鑑賞です。向井さんには、原作のアレンジとして付け足したシーンについてお聞きできますでしょうか。妻夫木さんは実際に演じてみていかがでしたか。

向井「冒頭の大祐と里枝の出会いや、日常の風景なんかは、木というモチーフを元に描写を作りました。そして、城戸の過去を描く時、妻の家族との会食シーンのやりとりをワンシーンでどうみせるか、脚本家としての腕の見せ所でした。」

妻夫木「向井さんは現場の声を大事にする脚本家。今回も良いディスカッションをさせていただきました。初稿の説明しすぎかなと思う(セリフ)部分を最終的に省いたんですけど、向井さんが役者を信じきった結果こういう映画が完成したんだと思っています。」

向井「(セリフを)削っていいって言う役者はあなただけですよ(笑)」

妻夫木「若いころは前に出ていきたがった自分が、ね(笑)」

広告の後にも続きます

Q:柄本さんとの共演シーンではどんなことを考えて演じましたか。

妻夫木「演じ切ってから我に返ることが多いんですよね。柄本さんとは「ウォーターボーイズ」で初めてご一緒しましたが、毎回違う顔を見せる。今回は素直に食べられてしまおうと思いました。その中で城戸の素顔が見せられたらいいなと。でも、(安藤)サクラちゃんは、義理のお義父さんと一緒の現場でどういう心境だったんですかね(笑)」

Q:順風満帆な城戸の心の揺れ動きがラストにつながりましたが、繊細な心の動きをどう演じましたか。

妻夫木「これは難しいバランスでした。役作りの準備の中で実際の弁護士とお話しもして、人間っていろんな顔を持っているけど、それで良いと認められた時にひとつひとつのバランスを考えなくなりました。脚本を信じて、その時の城戸の気持ちをシーンごとに生きたということでしょうか。」

向井「僕も城戸に寄り添って脚本を書いていました。“自分の人生これで良かったのか”という立ち止まりは自分にもあって、ちょうどその頃に原作を読んだので、そこは大事にしたいところでしたね。」

Q:今日で2回目ですが、同じシーンで泣いてしまって。妻夫木さん(城戸)の後ろ姿がとても印象に残っているのですが、どういうことを意識されましたか。

妻夫木:「映画と小説の違いは、映画だとパッと映った瞬間にそのキャラクターを表現しないといけないこと。後ろ姿に何かを感じてくれたら、役作りが活きたのだと思います。山田洋次監督にも、存在としてそこに「ある」ということが大事と言われたことがあって。その言葉はこれからもずと大事にしたいと思っています。」

ここで、偶然劇場内で映画を観ていた城戸の息子役・岩川晴くんを妻夫木さんが発見。すると、妻夫木さんに呼ばれ晴くんが舞台上に。突然のサプライズに、妻夫木もすぐに撮影中の親子関係に戻ったかのような笑顔をのぞかせた。

岩川晴くんを抱える妻夫木聡

最後に向井は、「いつも、10年、15年と長く生きるような作品づくりを目指しているので、今回もそんな作品になれば嬉しいです。末永くよろしくお願いします。」、妻夫木は「この作品のオファーがあってから、絶対に観てくださったお客さんに消化してほしくない、噛みしめてくれるような映画になってくれたらと思っていました。向井さんや石川監督、更に他のスタッフもキャストも全員が力を発揮し、素晴らしい映画に仕上がりました。今日たくさんのお客さんを前に、僕たちの思いが届いたと確信できました。お越しいただき、ありがとうございました。」と思いを込め、貴重なトークが満載のスペシャルなイベントは幕を閉じた。

映画『ある男』本予告

ストーリー
弁護士の城戸(妻夫木)は、かつての依頼者である里枝(安藤)から、里枝の亡くなった夫「大祐」(窪田)の身元調査という奇妙な相談を受ける。里枝は離婚を経て、子供を連れて故郷に戻り、やがて出会う「大祐」と再婚。そして新たに生まれた子供と4人で幸せな家庭を築いていたが、ある日「大祐」が不慮の事故で命を落としてしまう。
悲しみに暮れる中、長年疎遠になっていた大祐の兄・恭一が法要に訪れ、遺影を見ると「これ、大祐じゃないです」と衝撃の事実を告げる。愛したはずの夫「大祐」は、名前もわからないまったくの別人だったのだ・…。
「ある男」の正体を追い“真実”に近づくにつれ、いつしか城戸の中に別人として生きた男への複雑な思いが生まれていく――。

妻夫木聡 安藤サクラ 窪田正孝
清野菜名 眞島秀和 小籔千豊 坂元愛登 山口美也子
きたろう カトウシンスケ 河合優実 でんでん
仲野太賀 真木よう子 柄本 明

原作:平野啓一郎「ある男」  
監督・編集:石川慶 
脚本:向井康介 音楽:Cicada

企画・配給:松竹  
©2022「ある男」製作委員会

全国にて公開中!

映画『ある男』公式サイト | 11月18日(金)全国ロードショー

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル