top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

生徒指導困難校勤務の元校長が体験した「子どもたちの心と体は郷土料理作りで変わる」

OVO

 

 弁当作りを通じて子どもたちを育てる取り組み「子どもが作る弁当の日」に関わる大人たちが、自炊や子育てを取り巻く状況を見つめる連載コラム。「弁当の日」提唱者である弁当先生(竹下和男)が、郷土料理の調理実習について考える——。

 「おいしい 打ち込みうどん ごちそうさま」
 さわやかな笑顔の2人組が校長室にやって来ました。なんと、打ち込みうどんを手にしています。手打ちの白い麺。ニンジンの赤。ネギの緑。シイタケのこげ茶と白。そして、ほんわかと漂う湯気。さぬき人には至福のとき。いやー、うれしかったな。「父の日」「母の日」には生徒が料理を作って(家族に)振る舞ってほしいな。家族が喜ぶ顔を見ると自分も元気になりますよ。ごちそうさまでした。

 平成20年〇月〇日 校長室にて 竹下和男

 私が校長として勤務していた高松市立国分寺中学校は、生徒数800人を超える生徒指導困難校でした。

広告の後にも続きます

 「授業」に関わる時間は、得意な専門教科でいかに工夫をするかという楽しい時間です。教員としては、生徒に「学ぶ喜び」を伝えることに専念したいものです。
 ところが、校内のたばこの吸い殻や菓子の包み紙拾い、公共物破損の修理や落書き消し、授業中に校内を勝手に徘徊(はいかい)している生徒の指導、いじめ対策としての休み時間の校内見回り、服装・校則違反や登下校の交通マナーの指導、下校後の万引きなどのトラブル対応、不登校生徒の家庭訪問、そして時には生徒たちとの小競り合い・・・。こんな「授業外」の時間は、楽しいものではありません。

 指導の効果が目に見えて表れることも少ないので、疲労が蓄積していきます。つまり、教員は問題行動への「対処」に追われてしまいがちなのです。
 問題行動をなくしていくには「予防」と「治療」が大切です。「対処」は「治療」であって、「予防」ではありません。問題行動が次々と起きる背景をそのままにしていたのでは、根本的な解決には至りません。でも、何をしたら「予防」になるのかは、日本全体で暗中模索状態です。
 そこで私が訴えたいのが、「子どもを台所に立たせる」ことが、問題行動の「予防」になっているらしいということです。

 生徒たちが作って校長室に届けてくれた「打ち込みうどん」とは、具だくさんのみそ汁にうどんが入っている香川県の郷土料理です。特に寒さが際立ってくる頃になると、うどん屋でも売れ筋のメニューとなります。「きつねうどん」や「ざるうどん」のうどんは、うどん粉(小麦粉)に塩水を入れて練りますが、「打ち込みうどん」に入れるうどんを作る時には、塩を入れません。みそに塩が使われているからです。スーパーで買ううどんには塩が入っているので、生徒たちはうどんを買うのではなく、調理室で打っていました。

 香川県観光振興課が、「うどん県副知事」の要潤(かなめ・じゅん)が香川県を「うどん県」に「改名」すると記者発表するPR動画を制作したのは、2011年のことです。故小渕恵三首相が官房長官時代に「平成」の元号発表をした場面を彷彿させる動画で、ネット上に公開されて話題になりました。さらに、羽田空港や六本木の大型ビジョン、地下鉄車内でのCMが放映され、空港や駅にポスターまで張り出されたものですから、効果はてきめんでした。全国からの観光客は、競って県内のうどん店に駆け込んでくれました。人気のうどん屋は、全国からの注文に応じる宅配用の商品を開発しました。

 香川県は、人口10万人当たりのうどん専門店の店舗数がダントツで全国1位です。一世帯当たりの年間外食の支出金額うどん・そば部門の消費量もダントツ全国1位で、香川県民にとって、うどんはまさにソウルフードなのです。そんな環境で育った生徒たちですから、おそらく全国で一番うどんを食べて育っているはずです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル