top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

不動産投資をはじめるなら…プロが狙う「エリア」とは

幻冬舎ゴールドオンライン

不動産投資を成功に導く要素として、物件選びはもちろんのこと、「エリア選び」も非常に大切です。では、具体的にどのような基準でエリアを選定すればよいのでしょうか。株式会社有栖川アセットコンサルティング代表取締役の鈴木子音氏が詳しく解説します。

「都心の再開発」は不動産投資に影響大

東京23区内における不動産投資の楽しみの一つが大規模再開発です。東京では2000年代以降、老朽化したオフィスビルを取り壊して再開発を行う流れが加速しています。たとえば、以下のような大規模再開発計画が進んでいます。

▼虎ノ門・麻布台プロジェクト

大使館等が多く立地する古くからの高級オフィス街・高級住宅街だった神谷町駅・六本木一丁目駅の中間地点の台地を約8・1ヘクタールにわたって開発するプロジェクトです。

敷地内には3棟の高層ビルと4棟の低層ビルが建設され、その周囲には6000平方メートルに及ぶ広大な緑地と広場が整備される予定です。敷地内にはオフィス、住宅、ホテル、インターナショナルスクール、商業施設、文化施設などの整備が予定されており、最も高層となるビルは325・24メートルと現在高さ日本一を誇る「あべのハルカス」を抜いて日本一の高さとなることが発表されています。

広告の後にも続きます

また、この再開発に伴って東京メトロ日比谷線の神谷町駅と南北線の六本木一丁目駅が地下通路でつながります。これまでこの2駅を移動するには坂を上って10分以上歩く必要があったため乗換駅として機能していませんでしたが、地下で直結することにより移動利便性は格段に上がると考えられます。

▼中野駅前再開発計画

中野駅北口では、取り壊し予定の中野サンプラザの跡地にNAKANOサンプラザとシンボルタワーを整備し、敷地全体を「NAKANOサンプラザシティ」として一つの街区にする計画が進行しています。

NAKANOサンプラザには最大7000人が収容できる劇場とホテルが整備され、シンボルタワーにはオフィスや商業施設、居住用レジデンスの機能が備わります。

南口はオフィス棟と住宅棟の高層ツインタワーが建設される予定です。西側では大学などの教育機関や医療機関、オフィスなどが集まる「中野四季の都市」を北側に有したエリアの再開発が予定されています。

駅前が大規模に生まれ変わるこの中野駅の再開発は100年に一度の再開発とも呼ばれており、完成した暁にはオフィスや居住用物件の賃料相場も大きく変わることが予想されています。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル