top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「無職になってしまった!」サラリーマンの失業時の収入を保障する、雇用保険〈失業給付〉の金額と条件

幻冬舎ゴールドオンライン

退職して仕事がなくなると、当然ですがその後の収入も途絶え、生活が困窮してしまいます。しかし、そのような状況を救済する制度があります。今回は、失業時の収入を保障する労働保険の「雇用保険」について見ていきます。自身もFP資格を持つ、公認会計士・税理士の岸田康雄氏が解説します。

「失業給付」はどんな制度?「被保険者」の条件とは?

★雇用保険の制度内容 

雇用保険は、労働者が失業した場合、労働者が雇用を継続できなくなった場合に、所得保障などの給付をおこなう制度です。

また、失業防止を目的として、在職者も給付を受けることができる制度もあります。

雇用保険は政府すなわち国が保険者として運営し、公共職業安定所が窓口となっています。

広告の後にも続きます

★雇用保険の「被保険者」の条件  

雇用保険は、労働者が1人であっても強制適用され、その労働者は被保険者となります。

雇用保険の被保険者は、原則として、1週間の労働時間が20時間以上となり、継続して31日以上雇用されることが見込まれる人です。

パートタイマーやアルバイト、登録型派遣労働者であっても、この基準を満たしていれば被保険者となります。

しかし、個人事業主や、法人の役員は被保険者となることができません。

★保険料の負担 

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル