top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

航空自衛隊、フィリピン軍と部隊間交流 F-15、KC-767、C-2をクラーク空軍基地へ派遣

FlyTeam

航空自衛隊、フィリピン軍と部隊間交流  F-15、KC-767、C-2をクラーク空軍基地へ派遣

航空自衛隊は、2022年11月27日(日)から12月11日(日)までフィリピン空軍との部隊間交流をフィリピン・クラーク空軍基地で実施すると発表しました。派遣により、相互理解を促進し、防衛協力・交流の進展を図るとしています。

派遣されるのは、F-15戦闘機2機と航空総隊の人員約60名です。あわせて、KC-767空中給油 ・輸送機1機、C-2輸送機2機と航空支援集団の人員約30名が派遣されます。

これまで航空自衛隊とフィリピン空軍は、人道支援・災害救援活動に係る能力を向上を目的に、輸送機C-130Hが参加する共同訓練を2021年7月と2022年6月にクラーク空軍基地で実施してます。

TOPICS

ジャンル