top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

より強く、より熱く、より豊かな音楽に。アルバム制作を経て見えたこと――LiSA『LANDER』インタビュー

WEBザテレビジョン

より強く、より熱く、より豊かな音楽に。アルバム制作を経て見えたこと――LiSA『LANDER』インタビュー

2021年、自身のソロデビュー10周年を、数多くの新曲や日本武道館でのライブとともに駆け抜けたLiSA。およそ2年ぶりに届けられる通算6枚目のアルバム『LANDER』は、劇場版とテレビアニメ「鬼滅の刃」無限列車編の主題歌=“炎”“明け星”“白銀”や、「劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア」主題歌“往け”など、LiSAが長く関わってきた作品の楽曲群を、本人の言葉を借りるなら「柱」に据えつつ、かつてなく自身の気持ちとじっくり対峙しながら完成させた新曲たちが同居する、14曲入りの力作となっている。特にこの2,3年の活躍が記憶に新しいリスナーは多いと思うが、シンガー・LiSAは10年間、文字通り一度も立ち止まることなく、今いる場所まで懸命に走ってきた。その意味で、ひとつひとつの感情と向き合う時間を経ながら制作された6枚目のアルバム『LANDER』は、LiSAの音楽をより強く、より熱く、より豊かなものにしている。2本立てでお届けする約1万字におよぶロング・インタビュー、第2弾ではアルバムで初めて披露された新曲のエピソードを中心に、話を聞いた。

■“NEW ME”は、信じている誰かに向けての歌

――シングル楽曲はたくさん語られていると思うので、アルバムに収録の新曲についても話を聞いていきたいです。ひとつ大きなトピックを持っているのが、“一斉ノ喝采”。ABEMA・テレビ朝日FIFA ワールドカップカタール2022 番組公式テーマソングということで、これもまたすごく広い範囲に届いていく楽曲であり、それにふさわしいスケールを持った曲だとも思うんですけども。

LiSA:ワールドカップに懸けるみなさんの気持ち――選手のみなさんや、応援しているみなさんの気持ちと、わたし自身がステージに立つ気持ちや、ライブに来てくれるみんなの気持ちは、もしかしたらすごく重なるんじゃないかな、と思いました。この世界で生きている、こういう状況の中で生きていかないといけなくて、頑張りたいと願っているわたしたちの歌として、葛藤や不安、希望を信じていたい気持ちは、すごくみんな重なるんじゃないかなって。それを考えながら、歌詞を書いていきました。

わたしは、アニメでも作品と一緒に楽曲を作っていくことをたくさん経験させてもらったから、ワールドカップっていうすごく大きなものに対しても、そこで自分自身が歌えることを探せるのかなって思います、共感できることを見つける能力、というか。それはやっぱり、この約10年間でいろんな作品と関わらせてもらったからこそ、できることのような気がしています。


――他の新曲だと、“逃飛行”(ヨミ:ロマンヒコウ)は本当に素敵な曲になってますね。たとえば新曲の中では“シャンプーソング”あたりはLiSA的なやんちゃ感が出ている曲だけど、“逃飛行”のような曲は、出会いとしてすごく大きかったんじゃないかなと思いました。

LiSA:そうですね。“逃飛行”は、アルバムの中に梶浦由記さんの楽曲が3曲あって、その曲たちを歌った経験があったからこそ、伊澤一葉(“逃飛行”の作曲)さんのピアノと対峙してみたい、と思いました。わたしは、梶浦さんの楽曲にクラシカルな部分とポップスの部分をすごく感じていて、伊澤さんの楽曲にも同じようにクラシカルな部分、あとは知的な部分があると思うんですね。梶浦さんとは全然違う曲調なんだけど、メロディとピアノの絡みの美しさを感じていて、伊澤さんのピアノと歌だけで成り立つような楽曲を作ってください、とお願いしました。

――なるほど。そして自身が作詞だけでなく作曲も手掛けた“悪女のオキテ”については、やはり訊かざるを得ないというか――(笑)。

LiSA:(笑)そうですね。

――この歌詞を読んで、曲を聴いて、いろんな想像をする人がいると思う。でも最終的には、想いは楽曲から受け取ってほしいですよね。ただここでひとつ伝えておきたいのは、パーソナルな曲のようでいて、非常に普遍的な感情が描かれている曲だな、とも思うんです。

LiSA:そうですね。この曲実は、最後に作った曲なんですよ。本当は、アルバムに入る予定じゃなかったんですけど、アルバムの曲が出そろったときに、わたしの中で吐き出し切れてないものがあるような気がしたんですね。それを、わざわざ言葉で説明する必要はないけれど、音楽にしてみんなと一緒に発散できればいいんじゃないかと思いました。それに、音楽ってそういうことだと思うんですよ。

――きっとそうなんでしょうね。

LiSA:だけど、自分ひとりでメロディと歌詞を書いていったときに、生々しさが出すぎたら楽曲は作品として成立しないなって思いました。わたしは、ただ自分の気持ちを発散したいわけではないし、気持ちを音楽にしてみんなと一緒に遊びたいから、それを最終的にヒデさん(田中秀典、共作詞担当)に「これを作品にしてください」ってお願いしました(笑)。この曲は、アルバムの他の曲が全部完成して、曲順も決まってるのに、「これ、ここに入れたいんですけど~」ってそっと差し出したら、「いいよ」って言ってもらえました(笑)。

――(笑)それくらい、この曲を届けたい、という想いが強かったと。

LiSA:そうですね。でも、そうやって気持ちを音楽にして遊ぶことで、イヤだったことをみんなと一緒に話したらスッキリした、みたいな(笑)。悲しいことを一緒に悲しんでくれる人がいたからスッキリできる、みたいな部分はあるような気がします。

――それは、アーティストだから許される感情の昇華の仕方なんでしょうね。もちろん、楽曲に普遍性がなくて、ただドロドロしていたら誰も見たくないものでしかないかもしれないけど、楽しい楽曲になって、ライブで体験を共有できるならば、そこに大きな価値が生まれていくわけで。

LiSA:そうですね。アルバム冒頭の“往け”もそうですし、自分の経験が歌になっている歌、自分の素直な気持ちも、みんなの力になったり、みんなと一緒に遊べる楽曲になったりすると思いながら、これまでも自分の気持ちを音楽にしてきて。それって、ヒップホップともパンクとも違う、ポップスにして遊ぶことが、わたしのやれることだなって思います。

――そして、この『LANDER』のシンボル的な楽曲が、最後に構える“NEW ME”なんじゃないかなと。すでに武道館のワンマンライブでも披露していて、楽曲や歌詞も新章を予感させる内容になっている。この曲の完成により、『LANDER』がアルバムとして目指すべき方向も決まったんじゃないかと思うんですけども。

LiSA:本当にそのとおりです。“NEW ME”ができたからこそ、『LANDER』というタイトルができたし。このアルバムの持つべきメッセージや物語を、“NEW ME”が作ってくれました。

――歌詞の中で特に印象に残るフレーズが《やってやれ!》だったんですね。《やってやる》じゃなく《やってやれ》であるところがポイントだなと。

LiSA:はい。“NEW ME”って、わたし自身がLiSAに歌う歌でもあるし、LiSAがみんなに届ける歌でもあって。信じている誰かに向けての歌なんですね。みんなひとりひとりのことは知らないけど、きっとわたしの歌を好きでいてくれる人やライブに来てくれる人は、少なからずわたしに似て、いろんなことを不安になったり、頑張りたいと思ったり、一生懸命に過ごしたり、頑張れなかった日があったりする人なのかな、そういう人がわたしの歌を好きでいてくれるのかなって思ったときに、ただ「大丈夫!」と伝えるのと違う背中の押し方ができないかなって思いました。それが「やってやれ!」っていう歌詞になりました。

――話を聞いていて思うのは、「やってやれ」って相手への信頼があってこそ使われる言葉なんでしょうね。やれると思ってない相手に、「やってやれ」とは言えないから。その点で、受け取る相手への信頼を感じさせる言葉だな、と思います。

LiSA:そうですね、確かに。

――そして“NEW ME”は、見てくれる人へ届ける歌でもあり、LiSA自身への歌でもある。

LiSA:そうですね。一番はファンの皆さんへ向けた歌だけど、わたし自身もLiSAに向けて「ビビってんじゃねえよ。やってやれよ」みたいな気持ちはあります(笑)。

■『LANDER』を作って、新しい希望を持ったら、これからやりたいことが増えた

――2022年はライブの活動が少なめで、LiSAとしてはわりと珍しい過ごし方をした1年だったのかな、と思うんですけども、2022年に過ごしてきた時間を総括してみてもらえますか。

LiSA:4月以降はライブがなくて、楽曲制作と向き合ってきた中で、この先みんなに会う約束がない状況でわたしが届けたいアルバムってこういうものなんだなって、改めて思いました。4月のライブでは、「今できるライブはやり切った」と思っていたから、その先にみんなとの約束をしていなくても頑張れたんですけど、会えない時間が重なっていって、世界も少しずつ変わってくる中で、自分の気持ちにも変化があって。自分自身が思っていたこと、やりたかったことに改めて向き合った1年でした。

――自分と向き合うことで見えてきたやりたいこと、について聞きたいです。何年か前から、「自分自身がやりたいことはあまりない」という話をしてきた中で、アーティスト・LiSAとして新たに見えたものは何になるんでしょうか。

LiSA:こういう世界になる前は、ドームでライブをやりたかったけど、コロナ禍の状況もあってできなかったんですよね。「やれることはもうないな」って思ったのは、実はそれも大きいです。今までライブの経験を積み上げてきた、さいたまスーパーアリーナとか、大きなステージの先を見ていたけど、もしドームでライブをする目標が叶えられたとしても、今すぐやることがベストじゃないな、と思って。「また最初から作り直しだな」って思ったけど、自分と向き合っていった結果、「やっぱりドームでライブがやりたいな」って思いました(笑)。自分の夢が崩れたような気がしていたけど、もう一度立て直して、少し先の未来でその夢を叶えていく計画を、自分の中で立て始めています。

――結果、2022年の活動を経て、ライブへの渇望感が高まってる感じがありますね。ステージを楽しみにしている人もたくさんいると思うけど、今回のアルバムの楽曲たちで彼らを楽しませる自信は持っていますか。

LiSA:はい。いいアルバムができたから、いいライブができると思っています。今までの楽曲でこの世界を遊び尽くすのは大変かもって思っていたけど、この『LANDER』を作って、新しい希望を持ったら、これからやりたいことが増えた感じがします。

取材・文=清水大輔  写真=中野敬久
スタイリング=久芳俊夫 ヘアメイク=氏家恵子

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル