top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「この子、普通じゃない」主演イ・ソンミンも絶賛のイ・ハクジュ 視聴者を“混乱”させる名演技<刑事ロク>

WEBザテレビジョン

「この子、普通じゃない」主演イ・ソンミンも絶賛のイ・ハクジュ 視聴者を“混乱”させる名演技<刑事ロク>

“役を生きる俳優”とも称される実力派イ・ソンミン主演の韓国ドラマ「刑事ロク 最後の心理戦」が最後まで緊張感を途切れさせない展開の中、11月16日に全8話の配信を終えた。同作は1本の電話をきっかけに同僚殺しの容疑者にされてしまった定年間近のベテラン刑事・キム・テクロク(イ・ソンミン)が、自分に濡れ衣を着せた「友」と名乗る正体不明の脅迫犯を捕まえるために奔走する中で、自身の過去と向き合うことになっていくヒューマンミステリー。「ディズニープラス」内「スター」ブランドにて配信中だ。本作で、「友」と疑わしき人物の1人であるテクロクの後輩刑事・ギョンチャンとして視聴者を“混乱”させる名演技を披露した俳優イ・ハクジュを解説する。(以下、ネタバレを含みます)

■演者もスタッフも「友」の正体を知らない中で撮影

この作品の製作発表で、監督が「謎解きゲームのような面白さがある」と言っていたように、毎回疑わしい人物が変わっていき、犯人である「友」の見当がつけにくいのが特徴のこのドラマ。すべての出演者が疑わしいように演じることを要求されており、出演者も終盤の台本を受け取るまで犯人がわからないまま、怪しまれるような演技をしていたんだとか。台本も機密扱いで、スタッフは結末を知らないまま作業をしていたそう。おかげで、イ・ソンミンは奥さんにも「で、『友』は誰?」ときかれていたようだ。

このように視聴者に疑念を抱かせなければならないので、力のある俳優ばかりがキャスティングされ、結果、見ごたえのある骨太な作品となっている。自分を犯人だと思わせる演技が一番上手かった俳優をきかれたイ・ソンミンは、ベテランたちではなく、テクロクの後輩刑事・ギョンチャンを演じたイ・ハクジュの名前を挙げた。

イ・ソンミンは「今回初共演でしたが、彼がこんなに演技が上手いとは知りませんでした。この子、普通じゃないな、と思いましたよ」と絶賛し、ハクジュの疑わしい演技について、「撮影時もおもしろかったが、配信になってから画面を通して観たらもっとおもしろかった。本当によくやった」とベタ誉めだった。

大先輩から絶賛された“疑わしい演技”についてイ・ハクジュは、「監督に“視聴者をたくさん混乱させてほしい”と言われました。だから、怪しそうなふりができそうなところを探して、隙があれば何かして、1つでも多く怪しい点を入れました。ギョンチャンは署長の命令でひそかにテクロクを監視している、という秘密を持っていたので、自然に“友”と疑われるかもしれないなと思いながら演じてました」と、語っていた。

そんな努力のおかげで、視聴者は彼を「友」だと確信したり、やっぱり違うと思ったり…。視聴者と同じように、彼自身も演じながら混乱したらしい。どこでどのように視聴者をモヤモヤさせる演技をするか…と考えるのは面白かったが、同じぐらい難しかったそうだ。

■ギョンチャンとイ・ハクジュのシンクロ率は100%?

イ・ハクジュが演じたギョンチャンは、テクロクに憧れ、志願してテクロクの居るクモ署に来た若い刑事。裕福な家庭育ちで、実は現場の刑事よりそんな彼らを動かす役割が似合う人種だ。みなぎるやる気がどこか空回りしているちょっと残念な若者だが、ハクジュ曰く「そこが魅力」。

特に第1話で、麻薬の売人の様子を1人でうかがいに行かされるシーンがお気に入り。売人が殺人未遂犯だと聞かされてあからさまにビクビクしながら潜入し、見つかった後、精いっぱい虚勢を張って悪態をつくのだが、悪口を言い慣れてないのがバレバレでバカにされてしまうのが、とても魅力的だと思ったそうだ。そして、尊敬して大好きなテクロクを署長の命令で監視するジレンマを感じているところも気に入ったと言う。

こんなギョンチャンと自身のシンクロ率は製作発表時は「10%」と言っていたが、「よく考えてみたら100%」と撮影終了後に語って記者を笑わせていた。

今回の作品で彼が一番年下で、イ・ソンミンの他にもチン・グにもかわいがられていたようだ。「チン・グ先輩とは共演シーンがあまり多くなかったのですが、いつも楽しい雰囲気を作ってくれました。僕が何かすると面白がってくれて、“いたずらっ子だ”とおっしゃったんですが、僕、35歳なんですけどね…(笑)」と笑いながら回想した。また、ほぼ一緒に動いていたキョン・スジンとは、お互いに悩みを打ち明け、応援を惜しまない仲になったそうだ。


■「夫婦の世界」の容赦ないDV男役で一気に注目株に

最近彼を知った人も多く、新人のようだが、2012年にデビューして、キャリアは10年になる。元々は俳優志望ではなく大学では演出を専攻していた。それも「放送関連の仕事をしたいなぁ」と漠然と考えていたレベルで、大学入試のときに、実技試験が無く筆記試験の点数のみでちょうど入れる演劇映画科が目に入って…というのがきっかけ。

そして、授業でセリフを言ってみたところ、自分にも演技ができそうな気がしたんだとか。それまでは「TVや映画に出るのは自分とは違う世界の人」と思っていたが、軍隊に行ってもずっと演技のことが頭から離れず、未練を残さないためにも、諦めがつくまでやってみよう、と挑戦を決めたんだそう。そして、先輩から提案された「12番目の補助司祭」というインディーズの短編映画のオーディションを受けてみたところ、見事合格。この映画はいくつも賞を獲り、彼も映画祭で「短編の顔賞」を受賞した。

その後も数々の映画やドラマに出演してキャリアを重ね、「アルハンブラ宮殿の思い出」では主人公を想いすぎてウザさ全開な男、「恋愛体質」では自分のことしか考えない面白くない芸人…など、女性に嫌われる役をいくつもこなしていたが、一気に彼を有名にしたのは大ヒットドラマ「夫婦の世界」。この作品でイ・ハクジュは、バーテンダーのカノジョに容赦なく暴力をふるうDV男・インギュをすさまじいリアリティで演じ、登場しただけで恐怖を感じさせるほどだった。

彼はこれまで様々な役を演じてきたが、そのほとんどが自分とはかけ離れたキャラクターなんだそう。それでも上手く演じるために自分との共通点を探ったり、理解しようと努力するのだが、その中でどうしても大キライで理解もできないし感情移入もできず苦労したのが、このインギュだったそう。

そこで「動物だと思おう」と考えて、ハイエナを考えながら演技したら上手くいったそうだ。この方法は今でも使っていて、「マイネーム」のヤクザのテジュはオオカミ、「こうなった以上、青瓦台に行く」(日本未放送。タイトルは韓国語直訳)の秘書・スジンはキツネを思って演じたとのことだ。

■「女主人公イジメ専門」から「スリーピーススーツがセクシー」へ

「夫婦の世界」のオンエア当時は、SNSに悪口が溢れていたが、“パク・インギュ”というクズは非難されるのが正しい反応なので、悪口を見るたびに感謝していたそう。「女主人公イジメ専門俳優」などと不本意な肩書きを付けられたりもしたが、最近では、ネ「マイネーム」と「ー青瓦台に行く」で披露したスリーピーススーツ姿が「セクシー!」と人気を集め、「スリーピースフィット」と言われたりするようになったのだ。

「スリーピース」という言葉も知らなかった彼はこれほど話題になるとは思わず、「セクシー」という誉め言葉も初めて言われて少し戸惑いもあるようだが、「以前は僕にも魅力があるのに、どうして人々が分かってくれないのか…と思ってました。でも今は、みなさんが僕に気づいてくれて嬉しいし、自分にこんな魅力があるのか!と思ったりもします。みなさんの期待を満たせなかったら…と不安もありますが、今は満喫しようと思います(笑)。セクシーだという言葉も信じてみます」と、この状況を楽しみ、「ある修飾語で人々に記憶されるということ自体が非常に難しいことなので、これからもいろんな修飾語が付くような俳優になるように頑張っていきたい」と意欲を見せた。

演じる際、少しずつ余裕も出てきたが、まだ本番では緊張するという。だが、「自分は職業のために熱と誠意を尽くしている人」と言う彼は、「後悔なくがんばっているので、ヘンに萎縮する必要はないんじゃないか、と勇気を出して現場に行ってます」と語り、様々な役柄に挑戦中だ。ちなみに今一番やりたいのは「ロマンス」「メロドラマ」だそうだ。今年2022年の11月に結婚したばかりの彼は、きっとまた今までとは違う愛に生きる男の姿を見せてくれそうだ。
■「友」の正体のヒントは、毎回の登場人物たちのセリフの中に

さて、今回の「刑事ロク」ではイ・ハクジュ演じるギョンチャンは「友」なのだろうか…。今までの強い悪役イメージから疑いを持っている視聴者も多いようだ。真犯人を知るまで、チン・グは「自分以外のすべての人物」を疑い、キョン・スジンは意外な展開としてテクロクを疑った。イ・ハクジュは「常にテクロクのそばに居て、疑いを避けることができるソンア」と推理し、イ・ソンミンは「署長→ジナン→チョン社長…と揺れた」そうだ。

監督は、「毎回、登場人物たちの話に集中すれば、ヒントが隠れている」と言う。俳優たちの演技に惑わされずにセリフに耳を傾けて、真犯人を探し出してほしい。

◆文=鳥居美保/構成=ザテレビジョンドラマ部


TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル