top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

本田翼“あす花”を高橋文哉“弾”が呼び捨てしドキドキ「声が出るほど大号泣」とトレンド入り<君の花になる>

WEBザテレビジョン

本田翼“あす花”を高橋文哉“弾”が呼び捨てしドキドキ「声が出るほど大号泣」とトレンド入り<君の花になる>

本田翼が主演を務める火曜ドラマ「君の花になる」(毎週火曜夜10:00-10:57、TBS系)の第6話が11月22日に放送された。弾(高橋文哉)の母校であり、あす花(本田)が教師として務めていた高校で8LOOM(ブルーム)のライブが開催。ラストでは体調を崩して、うずくまるあす花に弾が「あす花」と優しく声をかけるようすが描かれた。ドキドキとさせられるシーンに、SNSでは「あす花ボイス死んだ無理」「最後でもう声が出るほど大号泣」などのコメントが寄せられ、Twitterでトレンド入りを果たした。(以下、ネタバレを含みます)

■「君の花になる」概要

同ドラマはある出来事により挫折した元高校教師の主人公・仲町あす花(本田)が、崖っぷちの7人組ボーイズグループの寮母となり、一緒に“トップアーティストになる”という夢に向かって奮闘する物語。脚本は、「花のち晴れ~花男Next Season~」(2018年、TBS系)、「恋せぬふたり」(2022年、NHK総合)などを手掛けた吉田恵理香氏が担当。30歳の節目を迎え、恋も仕事も友情も新たなステージへ進む主人公の成長と胸キュンを完全オリジナルで描く。

同ドラマの鍵を握るボーイズグループ・“8LOOM(ブルーム)”のメンバーを演じるのは、高橋文哉、宮世琉弥、綱啓永、八村倫太郎、森愁斗、NOA、山下幸輝の7人。期間限定のボーイズグループとして実際にデビューし、主題歌・劇中歌などの楽曲発表や物語と連動したライブ、イベントなど多岐にわたる活動を行っている。

また、あす花の姉・優里を木南晴夏が演じるほか、宮野真守、内田有紀、竹中直人、夏木マリら個性豊かな面々がストーリーを盛り上げる。

■弾の母校でのライブが決定!

デビュー曲が3年越しで大ヒットした8LOOMは弾の母校でライブすることになる。弾の母校はつまり、あす花が教師として務めていた高校でもあった。

あす花が急な雨に振られて困っていると、弾が傘を差し掛けてきてくれた。あす花は脱退したメンバーであり、弾の同級生でもある良介(池田匡志)がライブに来る話をする。あす花が自分もライブに行きたかったが、逃げ出してきた場所だし、迷惑をかけた先生たくさんいるので行けないというと、弾は「配信もあるから、嫌じゃなかったら。今度の新曲、今のあんたに聞いて欲しい」と言う。あす花は微笑んで頷くのだった。

■弾が「あす花」と呼び捨てし、SNSでもトレンド入り!

ライブ当日、あす花は8LOOMに複雑な思いを抱えて、嫌がらせをしていた良介のもとに行き、ライブ見に行かなくていいの?と語りかける。立て直すなら早ければ早いほうがいいと思うというあす花に良介は、どうして自分のためにそんなことを言うのか尋ねる。「徹底的にダメになる前に私も誰かに助けて欲しかったから」と良介の目をまっすぐに見つめて話すあす花。良介は「良い先生だよね、仲町先生って」と笑いかける。

良介とあす花はライブ会場の母校へと走って向かって行く。良介に追いつけないあす花は彼を先に行かせ、良介が見守るなか、8LOOMのライブは成功を収めた。

良介からあす花も一緒に学校に来たことを聞くと、あす花を探しに駆け出す弾。校内の音楽室を探すが、あす花の姿はない。あす花は屋外で呼吸を乱して、うずくまっていた。あす花の教師時代の過去がフラッシュバックのように蘇る。そこに駆けつけてあす花の手を取る弾。あす花が顔をあげると弾が優しく「あす花」と呼びかける。あす花は安心したかのように緊張を解いて涙を浮かべるのだった。

いつも「あんた」呼びしていた弾があす花を呼び捨てしたことにドキドキとさせられる。それを聞いたあす花を演じる本田の嬉しくも切なそうな涙目顔に胸がキュンと締め付けられた。SNSでも「まさかのあす花呼び。カッコ良すぎるし、感動する回だった~」「あす花ボイス死んだ無理」「最後でもう声が出るほど大号泣」とコメントが寄せられ、Twitterでトレンド入りを果たした。

◆文=ザテレビジョンドラマ部


TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル