top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

市街地に現れた大きなイノシシ2匹 警察が拳銃を構える騒ぎに 目撃者「息子の後ろ5mぐらいに出てきて…」

ABEMA TIMES

 11月20日、名古屋市の河川敷で目撃されたのは、2頭のイノシシ。

【映像】市街地に現れた大きなイノシシ2頭

「息子と河川敷で野球をしていて、息子の後ろ5mぐらいにイノシシが出てきて、かなりのスピードで走り回っていた。野生のイノシシは初めて見るので一瞬凍った」(イノシシを撮影した住民)

 その後、撮影者は警察に通報した。駆け付けた警察官によると、イノシシが集まった住民10人ほどに向かって突進したため、イノシシにむかって拳銃を構え「撃つぞ」と大声を上げると、逃げていったという。

 その4時間後、4kmほど離れた市街地に再びイノシシが現れた。中央分離帯近くを歩く様子や、車道を横断する2頭の姿がとらえられていた。

広告の後にも続きます

「山の近くならあり得るけど、この辺に山はないですしびっくり」(目撃現場の近くで働く人)

 市の教育委員会は、市内の幼稚園や小中学校などに対して、イノシシを見かけても絶対に近づかないよう、子どもたちへの注意を呼び掛けている。(『ABEMAヒルズ』より)

TOPICS

ジャンル