top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

かぶは皮をむかないのが正解!煮汁もたっぷり味わえる「かぶとベーコンのスープバター煮」

レタスクラブ



秋冬に食べたくなる野菜料理といえば、温かい煮もの。とくに旬のかぶを使った煮ものは、甘みがあってとろりとした食感がたまりませんよね。
しかも、まるごと煮ることで、栄養を余すところなくとることができるうえ、むいたり切ったりする手間を省くこともできるのです。

「皮ごと照りつや煮もの」今回は「かぶとベーコンのスープバター煮」。ベーコンのうまみとバターのコクがしみたかぶが絶品です!

*  *  *

かぶとベーコンのスープバター煮

まるごとのかぶがとろけるおいしさに!

[ 材料・2人分 ]*1人分370kcal/塩分3.0g
・かぶ (葉つき) …4個 (約400g)
・ベーコン (ブロック) …150g
・煮汁
 ∟洋風スープの素 (顆粒) …大さじ1/2
 ∟バター …10g
 ∟水 …2カップ
・塩
・こしょう

[ 作り方 ]
1. かぶは洗って白い部分と、葉、茎に切り分ける。直径約23cmの耐熱皿に白い部分を皮つきのまま並べ、ふんわりとラップをかけて電子レンジ (600W) で約8分加熱する。葉と茎1個分は4cm長さに切る (残りはみそ汁の具などに利用を) 。ベーコンは1cm厚さに切る。

2. 鍋にかぶの白い部分、ベーコン、煮汁の材料を入れて中火にかける。煮立ったら弱めの中火にしてふたをし、約5分煮る。かぶの葉と茎を加えてさっと煮て、塩、こしょうで味をととのえる。

【編集部より】電子レンジ加熱で時短&味しみ効果!
野菜は長時間煮ると栄養が壊れやすいので、なるべく短時間におさえたいところ。そのため、火が通りにくい野菜は皮ごと(できればまるごと)事前に電子レンジで加熱しておくことが大事です。それによって味の通り道ができ、味が染み込みやすくなるといううれしい効果も!いわゆる下茹でと同じですね。
また、野菜を洗う際は皮を傷つけないようにするのも、栄養を流失させないためのポイント。野菜を洗うときは、たわしなどではなく食器用スポンジの方がおすすめだそう。野菜専用のものを用意すると便利です。

【編集部より】かぶは、まるごと入れることで特別感アップ!
かぶとベーコンの組み合わせは珍しいものではありませんが、かぶをまるごと使っているので特別感がありますね。かぶは大根に比べてやわらかくなりやすいので、とろとろの食感を楽しんでください。

【栄養MEMO】
皮のすぐ下はビタミンCやカリウムなどの栄養が豊富。切らずにまるごと煮ることで、栄養の流出もかなり抑えられます。また葉にはβ-カロテンが含まれるので、一緒に食べるのがおすすめ。

*電子レンジは600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.9倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。

*  *  *

煮汁もたっぷり味わえるスープ煮は、体を温めるのに最適。寒い夜にぜひ作っていただきたい一品です!

調理/上田淳子 撮影/木村 拓 スタイリング/河野亜紀 栄養計算/スタジオ食 編集協力/田久晶子 編集部コメント取材/松田支信
 
【レタスクラブ編集部】

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル