top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ユニクロだと少し物足りない人が買うべき「最高コスパの冬アウター」3選

日刊SPA!

ユニクロだと少し物足りない人が買うべき「最高コスパの冬アウター」3選

―[メンズファッションバイヤーMB]―

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第405回目をよろしくお願いします。

◆脱ユニクロに適した価格とデザインのアウター

 今回は「ユニクロじゃ物足りない!」という人に向けて、冬のおすすめアイテムを解説。

 脱ユニクロに適した価格とデザインのアウターを3つラインナップしました。ご参考に。

◆★ONでもOFFでも使える! ユニクロから半歩進んだ提案!
・GLOBAL WORK/グローバルワーク ウーリーテックショートステンカラーコート 1万1990円

 まずはグローバルワークのステンカラーコート。イオンモールなどでもよく見かける定番のブランドです。

 メンズレディスと揃っており、ファミリーでも使いやすいお店、値段も「脱ユニクロ」にちょうどいい価格帯になっています。

 ユニクロは機能ウェアの支持が高いので冬はダウンが人気ですが、グローバルワークはウールのコートが毎年の定番。ビジネススタイルから普段着まで使えるきれいめカジュアルのデザインが多いのです。

◆ポリエステルで軽量で型崩れも起こしにくい

 こちらは自社開発の素材「ウーリーテック」。ウールは1%も入っていませんが、タッチは完全に天然のウールそのもの。

 ポリエステルで軽量で型崩れも起こしにくいのですが、ポリエステルらしいテカリやペラい風合いはまったくなく、高級ウールと変わらない起毛感や光沢を持っています。

◆ユニクロよりも大幅に安い価格帯

 また、ファミリー層にも支持が高いブランドなので使い勝手にもこだわりが。内側の裏地は静電気軽減加工が施されていたり、動きやすいようにストレッチ性も高く、ストレスレス!

 コンパクトなデザインのステンカラーコートなのでワイドシルエットにも合わせやすく、コーディネートはとにかく楽チン。

 これで1万1990円は破格です、なにしろユニクロでさえチェスターコートなどは1万6000円くらいするんですから。

◆★ブランド品の半額程度だけど、品質は大して変わらない?
・nano universe/ナノユニバース 西川ダウン(R)/SOLOTEX MATSUMIダウン 4万1800円

 ナノユニバースが毎年人気シリーズとして展開するのが「西川ダウンコラボ」。西川とはそう、「布団の西川」です。老舗羽毛布団メーカーとコラボし、ダウンを作ったナノユニバースならではの着眼点。

 確かに「軽くて温かい」を求めるなら「羽毛布団」って理に叶ってるかも……今まで布団メーカーとダウンなんて異業種コラボは存在しませんでしたが、言われてみればなるほどな目から鱗な組み合わせ。

 最近は人気のため展開デザイン数も増やし、ショートダウンからロングダウン、コート風デザインのものまで幅広い。ダウンジャケットですが、値段もそこそこ手頃、こちらは4万円ほどです。

◆保温性の高い良質製品が4万円なら納得

 雪国など寒さの厳しい地域でもよく売れているのが、この西川ダウンのシリーズ。海外のプレミアムダウンと比べても劣らない保温性の高い良質製品が4万円なら納得。

 さすが国産ブランドです。円安が加速し、ハイブランドのダウンに到底手が出なくなっている中だからこそ、なおさら安く感じますね。

 さらに使っている表地はソロテックス。ストレッチだけでなく、風合いもソロテックスは優秀で、従来の合繊生地よりも天然感のある色表現が可能となっており、安っぽい印象はありません。ラミネート加工などで風を止める仕組みも備えており、価格以上の満足度があります。

「ダウンは一生ものの高いブランド品を」と考える人は多いでしょうが、ブランド品と比べても品質が劣らず、半額以下。それならこれでよくないですか?

◆★「ユニクロ見え」しないシンプルアウター
・HARE/ハレ エアサーマルモンスターパーカー 2万9700円

 ダウンではなく、エアサーマルという特殊素材を使った中綿ジャケット。中空糸と呼ばれる糸の真ん中を空洞にした素材を使い、軽量かつ保温性の高い中綿です。

 着用感は極めて軽いのですが、十分に暖かく量販店で売られているダウンジャケットなどと比べても劣りません。

◆シンプルデザインにわずかなアクセントをプラス

 また、この手のシンプルデザインのダウンジャケットなどは、あまりにも大人しい作りにすると「ユニクロ見え」してしまいます。せっかくそれなりのお金を出して買っても「それ、ユニクロ?」と突っ込まれることも……。

 そこで、ここのブランドは肩幅をやや大きめに、襟サイズを大きくするなどシンプルデザインにわずかなアクセントをプラス。

 明らかにユニクロじゃない……けどやりすぎなデザインでもないシンプルさがあるので、大人でも抵抗なく着用できるでしょう。

◆「大学生向けの格安ブランド」は過去の話

 かつては大学生に向けた格安ブランドだったHAREですが、顧客とともに成長していき、今では30代以上に向けた上質かつ、それなりの価格帯まで提案できるように進化しました。

 昔のイメージで見るとびっくりすると思いますよ。今のHAREは本当にクオリティが高い!

 以上、「脱ユニクロ」に向けたおすすめアウター3選でした!

【MB】
ファッションバイヤー。最新刊『MBの偏愛ブランド図鑑』のほか、『最速でおしゃれに見せる方法 』『最速でおしゃれに見せる方法』『幸服論――人生は服で簡単に変えられる』など関連書籍が累計200万部を突破。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」、ユーチューブ「MBチャンネル」も話題に。年間の被服費は1000万円超! (Twitterアカウント:@MBKnowerMag)

―[メンズファッションバイヤーMB]―

TOPICS

ジャンル