top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

池田匡志、『君の花になる』第6話に登場 もう1人の8LOOMメンバーだったことが判明

Real Sound

池田匡志『君の花になる』©︎TBS

 11月22日に放送された、本田翼主演ドラマ『君の花になる』(TBS系)の第6話に池田匡志が登場した。

【写真】第7話で初登場の片岡凜

 本作は、ある出来事により挫折した元高校教師の主人公・仲町あす花(本田翼)が、崖っぷちのボーイズグループ7人の寮母となり、一緒に“トップアーティストになる”という夢に向かっていく物語。『花のち晴れ~花男Next Season~』 (TBS系)、『恋せぬふたり』(NHK総合)などの脚本家・吉田恵里香によるオリジナルストーリーだ。

 第6話では、8LOOMが弾(高橋文哉)の母校での凱旋ライブで「HIKARI」を披露。過去と向き合わなければならない試練が訪れたあす花(本田翼)や、脱退メンバーとの再会で新たな亀裂が生まれた8LOOMにとって、大きな意味を持つ楽曲として描かれた。

 そして、8LOOMを脱退した元メンバーが、第1話にも登場していた弾の高校の同級生で、池田演じる東良介であることが判明。良介と再会したことにより、曖昧にされていた脱退理由が判明し、8LOOMの絆がさらに強まる感動的なシーンとなった。良介を演じた池田は、日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(2021年)以来、約1年ぶりのTBS連続ドラマへの出演となる。

広告の後にも続きます

 また、8LOOMの4thシングル「HIKARI」のスペシャル映像がTBS公式YouTubeチャンネル「YouTuboo」にてプレミア公開されることが決定。プロデューサーの黎景怡は、「当初“HIKARI”はミュージックビデオを制作する予定がなかったのですが、僭越ながら、限られたこの期間を一緒に駆け抜けてくださって、応援してくださっている8LOOMYの皆さんに感謝の気持ちを込めて、お届けできたら幸いです。皆さんの毎日が少しでも明るくなる1曲になりますように」とコメントしている。

(リアルサウンド編集部)

TOPICS

ジャンル