top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

山崎育三郎、吉田紀子脚本の医療ドラマ『リエゾン』で主演 松本穂香がヒロインに

Real Sound

『リエゾン―こどものこころ診療所―』©テレビ朝日

 山崎育三郎が主演を務める連続ドラマ『リエゾン―こどものこころ診療所―』が、2023年1月期のテレビ朝日金曜ナイトドラマ枠で放送されることが決定した。

 参考:【写真】『“それ”がいる森』の松本穂香

 本作は、生きづらさを抱える子どもとその親に向き合う医療ドラマ。郊外の児童精神科クリニックを舞台に、自らも発達障害を抱える院長と研修医の凸凹コンビが、発達障害をはじめ、様々な生きづらさを抱える子どもとその家族に真っすぐに向き合い、寄り添っていく姿を描く。

 “ミュージカル界のプリンス”と称される山崎が主演を務め、ヒロインにはテレビ朝日のドラマ初出演となる松本穂香が決定した。脚本を務めるのは、映画『Dr.コトー診療所』をはじめ、『涙そうそう』、『ハナミズキ』などを世に放ってきた吉田紀子。

 山崎が演じるのは、郊外にある児童精神科、さやま・こどもクリニックの院長を務める佐山卓。総合病院を実家に持ちながら、叔母が営んでいた小さなクリニックを引き継いだことで一族からは変わり者扱いされるが、自らも発達障害(ASD)を抱え、誰よりもその苦悩を理解する佐山には、患者の子どもとその家族とじっくり向き合う時間を大事にするという信念があった。

広告の後にも続きます

 佐山を演じるにあたり山崎は、「自分自身が子育てで感じていることや想いが重なる部分が多く涙が溢れました。今の自分だから挑める大切な役との出会いとなりました」と意欲をにじませた。

 2023年にはW主演映画『恋のいばら』の公開も控える松本が本作で演じるのは、遅刻に忘れ物、ミス連発のドジな研修医・遠野志保。小児科で研修をしていた時に、ある重大な失敗を犯してしまい、さらに自分が発達障害(ADHD)だと知り、一度は医者になる夢を諦めかけるが、佐山との出会いが志保の背中を押すことに。苦悩を抱えながらも、明るくひたむきな性格で、佐山とともに心の生きづらさを抱える子どもや家族に真っ向から向き合っていく。松本は、「見終わった時には温かい気持ちになるような、1人1人違っていいんだなということを皆が認めて前に進んでいけるような、そういう強さのある作品になればいいなと思っています」と決意を語った。

 原作は、『コウノドリ』を生んだ『モーニング』(講談社)で現在も連載中の同名漫画。「第4回THE GATE」大賞を受賞したヨンチャンが原作・漫画、「第1回漫画脚本大賞」奨励賞を受賞した竹村優作が原作を手がけている。

■山崎育三郎(佐山卓役)コメント
出演が決まった時の心境

初めて原作を読ませて頂いた時、今、自分自身が子育てで感じていることや想いが重なる部分が多く涙が溢れました。今回演じる佐山は、どんな子どもに対しても受け止め寄り添いながら、医師と患者の枠を越えた佐山流の診察がとても斬新です。読んだ後に子どもを抱きしめたくなるような温かい気持ちになりました。今の自分だから挑める大切な役との出会いとなりました。

佐山卓という役の印象

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル