top_line

【スマートフォンアプリ(Android/iOS)配信終了のお知らせ】

工藤静香の長女・Cocomi、延期のデビューリサイタル「S席6000円」は良心価格…紅白歌手の母はツアーで「8500円」

SmartFLASH

 残念ながら延期されてしまったが、気になるのは「S席6000円、A席4000円」に設定されたチケット価格だ。

 

 5月7日放送の『題名のない音楽会』(テレビ朝日系)にフルート奏者として出演したが、自身がメインを務めるリサイタルは今回が初めて。デビューしたての奏者として、この価格設定は妥当なのか。

 

 舞台、コンサートの事情に詳しいリポーターの島田薫さんはこう話す。

広告の後にも続きます

 

「良心的、妥当な価格だと思いましたね。最近、私が鑑賞したクラシックコンサートは、6000円ほどの価格設定でしたが、Cocomiさんがもう少し高い価格にすることもできたと思います。

 

 芸能界的に見れば、『木村拓哉さんの長女さんだ』となりますが、クラシック界から見れば、デビューしたての奏者です。

 

 あまり価格が高いと “親の七光り” と思われる可能性が出てきますし、今回のリサイタルは1人のフルート奏者として出演するんだ、という気持ちが伝わってきました」

 

 クラシック界以外からも注目度が高いことは、SNSのフォロワー数でも表われている。

 

 CocomiのInstagramフォロワー数は195万人以上。これは星野源の約174万人、あいみょんの約156万人を超える数字だ。

 

 2022年大晦日の『NHK紅白歌合戦』といえば、デビュー35周年を迎えた母・工藤静香も出場する。工藤は7月23日から全国ツアー「工藤静香 35th Anniversary Tour 2022~感受~」を開催。8月31日の千秋楽は日本青年館ホール(東京)でおこなわれたが、このときは全席指定で8500円(税込み)だった。

 

 工藤は一流歌手だけに、それなりの価格だったのかも。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル