top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

50年前と比べてミツバチの寿命が半分になっていることが判明

カラパイア


 米国の研究者による新しい研究によると、ミツバチの寿命が驚くほど短くなっているそうだ。1970年代に比べて、半分しか生きられなくなっているのだ。

 これは、自然のミツバチではなく、あくまで飼育されているものの話だ。しかしこの短命化が養蜂家に与える影響を推定してみたところ、ここ十数年で米国の養蜂家が報告してきた損失率と一致していたとのことだ。

 今とのころ、短命化の原因ははっきりしない。しかし状況から言って、環境が要因なのではなく、ミツバチの遺伝子が関係していると考えられるそうだ。


過去50年でミツバチの寿命が半分に

 どんな生き物にも寿命はある。だから、養蜂家にとってミツバチの死は仕方がないことだ。

 だがここ10年間、米国ではミツバチが死にやすくなっており、巣の交換頻度が高まっていることが報告されてきた。巣の交換頻度の高さは、そのまま養蜂業に影響してくる。

 なぜミツバチは短命化しているのか? その原因として、環境・病気・寄生虫・農薬・栄養など、さまざまな要因が挙げられている。

 だが『Scientific Reports』(2022年11月14日付)に掲載された研究では、環境とは無関係に、そもそもミツバチの寿命自体が短くなっているらしいことを明らかにしている。

環境以外に要因が?

 米メリーランド大学博士課程の学生アンソニー・ニアマン氏が最初にミツバチの短命化に気づいたのは、ミツバチの飼育法を研究していたときだった。

 同氏は過去の研究を参考に、ミツバチの巣からサナギを採取。これを培養器で羽化させて、成虫となったミツバチを専用ケージで飼育していた。

 あるとき、ミツバチに砂糖水と普通の水を与えて、その影響を比較してみた。すると水の種類とは無関係に、ミツバチの寿命が短いことに気づいたのだという。

 1970年代に行われた同様の実験では、ミツバチは平均34.3日生きた。ところが、今回の実験では17.7日しか生きなかった。つまりミツバチの寿命は半分になっていた。

 ニアマン氏によると、きちんとしたミツバチの飼育法が確立されたのは、2000年代に入ってからのことなのだという。

 1970年代に比べて飼育法は改善されているはずなのに、なぜか死亡率は2倍に跳ね上がっていたのだ。

飼育方法が改善されているのに、ミツバチは50年前の半分しか生きられなくなっている。これは短命化の原因が環境以外にある可能性を示している / Credit: Anthony Nearman / UMD

遺伝子が原因である可能性

 これはあくまで実験室で飼育されているミツバチの話だ。

 しかし、短命化が実験室だけではなく、現実世界でも起きていることを示唆する証拠ならある。

 ニアマン氏は、半分になったミツバチの寿命に基づいて、これが養蜂家に与える影響を試算してみた。

 毎年失われて交換される巣を損失だとすると、短命化したミツバチの損失率は約33%と考えられる。これは、過去14年間に米国の養蜂家が報告してきた越冬による損失率(平均27.6%)にかなり近い。

 一体なぜミツバチの寿命は短くなってしまったのか?

 「ミツバチは、成虫になる前に巣から隔離されているので、寿命を縮めた原因は、その以前からあるものです」と、ニアマン氏は説明する。

 このことから、環境的な要因ではなく、遺伝的な要因によって短命化していると考えられるという。

 またニアマン氏は、飼育しているミツバチが、幼虫の段階でウイルスや農薬に軽く汚染されていたことも報告している。

 どうも働きバチに世話をされているときに汚染されたようだ。ただし、それによる明らかな影響は確認されていない。

 もしも、短命化が遺伝子によるものならば、それは解決法のヒントでもある。寿命を縮める遺伝的要因を削除してしまえば、もっと長生きするミツバチを開発できると期待できるからだ。

photo by Pixabay

 ニアマン氏らの次の課題は、米国内や他国のミツバチの寿命を調べることであるそうだ。

 もし地域によって寿命に違いがあるならば、遺伝子・農薬・ウイルスなど、その地域ならではの要因を特定することで、短命化の原因をより詳しく探ることができるだろう。

References:Honey bee life spans are 50% shorter today than they were 50 years ago / written by hiroching / edited by / parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル