top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

48歳で母が認知症に。これ誰!? 変わっていくお母さんと、小5の僕のつらすぎる現実。

BOOKウォッチ

48歳で認知症になった母(KADOKAWA)<amazonで購入>

 家事や家族の世話を日常的に行っている子どものことを「ヤングケアラー」という。「子どもとしての時間」と引き換えにそうした時間を過ごしていると、学業、就職、友人関係に影響が出る可能性があるとされている。

 本書『48歳で認知症になった母』(KADOKAWA)は、小学5年生にしてヤングケアラーになった美齊津康弘(みさいづ やすひろ)さんの実体験をつづったコミックエッセイ。BOOKウォッチでは、「第1章 変わっていくお母さん」を4回に分けてお届けしてきた。

 美齊津さんのお母さんのように、65歳未満で発症した認知症を「若年性認知症」という。40代で認知症? とドキッとしたが、平均発症年齢は51歳、患者数は全国で4万人弱と推計されている。

 本書はあたたかいタッチの漫画を通して、ヤングケアラーと若年性認知症のあまり知られていない現実を伝えている。

 「母を思い出すと 30年以上経った今も心が 痛みます」
 「これは48歳で認知症を発症した母と 小学5年から介護が始まった僕のお話です」
『48歳で認知症になった母』(原作:美齊津康弘、漫画:吉田美紀子)

大好きだったお母さんが

 僕が小学5年生の時、お母さんに異変が起こった。鏡に向かってブツブツと独り言を言い始めたのだ。後ろからそーっと近づくと、振り向いたお母さんは僕が見えているのかすらわからない目をしていた。

広告の後にも続きます

 もともと学業もスポーツも万能で、優しくて明るくて、自慢のお母さんだった。年の離れたお姉ちゃんは遠方に嫁ぎ、高校生のお兄ちゃんは会話が少なく、お父さんは仕事で忙しい。末っ子の僕はお母さんとの時間が一番多く、一番大好きだった。そんな幸せな毎日が続くはずだった。

 ある日、僕が学校から帰ると、長年お父さんの会社の経理をしていたお母さんが突然辞めさせられていた。その時点で病が進行していたのだろう。そんなことを思ってもみなかった当時の僕は、お母さんとの時間が増えてただただ嬉しかった。

 この頃からお母さんは、鏡に話しかけ、料理をしようとしてボヤ騒ぎを起こし、何日も同じ服を着て、入浴を嫌がるようになる。欠けていく自分に戸惑いながら、日常を必死で守ろうとしていた。この先お母さんをどう扱っていいのか、誰にもわからなかった。

もう一人のあなたの姿

 お母さんの見守りをしていたのは僕だった。僕が中学生になって帰りが遅くなると、生活はますます荒れていった。身内を頼って家族で叔母の家に引っ越し、僕は日中安心して学校へ通えるようになった。一方で、お母さんの病状は急速に進行していく。

 ある時から、昔の家までの徘徊が始まった。「この家に あの時間に戻りたい…」という気持ちが、お母さんの中にあったのだろう。しかし、迎えにきた僕に支離滅裂なことを言っては、勝手に怒って泣く。もう訳がわからなかった。

 「夢であって欲しい」「この現実から逃げたい」「もうお母さんなんか…いなくなっちゃえ!」――。僕の心は限界寸前だった。それからしばらくして、僕の介護の日々は終わりを迎える。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル