top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『舞いあがれ!』福原遥が性悪キャラ変!? 脚本家の変更に戸惑いの声

まいじつ

福原遥 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

俳優の福原遥が主演を務める、NHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』が、11月21日から放送されている第8週で「航空学校編」に突入した。

しかし視聴者からは、ヒロインの〝キャラ変〟に戸惑いの声があがっている。

今回の朝ドラは、ものづくりの町・東大阪市で生まれた岩倉舞(福原)が、自然豊かな五島列島での生活を経て、空を駆ける夢を抱くストーリー。

【関連】金ロー『あなたの番です』に視聴者モヤモヤ…犯人わからず「誰にやられたの?」 ほか

航空学校編では、航空学校の受験を控える舞が、大学での勉強とアルバイトに大忙し。寝不足のため寝坊し、母・めぐみ(永作博美)が用意した朝食に手をつけられない日もあった。

広告の後にも続きます

試験当日、舞はともに面接を待つ学生・柏木(目黒蓮)に「なんか緊張しますね」と声をかけるが、柏木は「別に。君の緊張は俺になんの関係もない。黙っててくれないか」とピシャリ。

また、舞の志望動機を聞いて、「夢だの思いだの、頭の中お花畑か」とバカにし、「もう君と会うことはないだろう」と見下した態度をとる。

後日、舞の元に合格通知が。祝いにかけつけてくれた友人らに対し、柏木について「背は高かったけど、なんか感じ悪かった」と愚痴を言うのだった。

「はっきり言います。劣化しました」

「朝食を用意してくれた母にお礼を言わず、初対面の柏木のことを悪く言った舞。これまで描かれてきた性格ではまず考えられない言動です。実は、航空学校編は、きわめて専門性が高いことから、脚本家を桑原亮子さんから嶋田うれ葉さんに交代。制作側は、ていねいな心情描写が特徴的な〝桑原イズム〟を残そうとしているようですが、今回の放送を見るかぎり、再現性は低いと言わざるを得ません」(芸能ライター)

こうした変化は、ネット上でも話題になっており

《なんか雰囲気変わった…?と思ったら脚本家変わったのか…今まで神脚本だったから、これからどうなるか心配》
《脚本と演出が交代すると、こうも変わるのか。はっきり言います。劣化しました》
《何ていうか、全体的にノリが軽くなった感じで、かなり違和感あったが、大丈夫やろか》
《見てて気持ちよくないイライラ場面がたくさんあってアレ?って思ったら、脚本家が変わったとのこと。脚本の違いをこれほど実感できるのも珍しいかも》
《あんなの舞ちゃんじゃないよ…どうなってんの脚本家さん…》
《やっぱり雰囲気ガラッと変わったなあ 先週までがかなりよかっただけにプレッシャーかもだけど、ぜひとも頑張っていただきたい…そしてまた桑原さん脚本もみたいな…》

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル