top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

日向坂46・齊藤京子が“クズキャラ芸人”にガチ嫌悪感「死んでも嫌」

まいじつ

齊藤京子 (C)まいじつ 

人気アイドルグループ『日向坂46』の齊藤京子が、11月21日に放送された『キョコロヒー』(テレビ朝日系)へレギュラー出演。

番組内で人気芸人の名前が出たのだが、「死んでも嫌!」と全力で拒否反応を示した。

サッカーW杯の開幕に関連し、サッカーを詳しく知らないMCの齊藤とヒコロヒーに興味を深めてもらおうと『霜降り明星』せいや、「日向坂」の影山優佳がゲスト出演した。

【関連】日向坂46“人気すぎて”大ピンチ? チケット争奪戦でファン大量離脱の危機 ほか

影山は以前、別の番組で齊藤にオフサイドのルールを説明したが、理解してもらえなかったと告白。今回リベンジすると意気込んだが、齊藤は「赤ちゃんに説明するみたいな感じで…」とお願い。

広告の後にも続きます

影山は「赤ちゃんに説明したことないよ!」としつつも、レクチャーを始めた。

影山は女の子の人形3体を用いて解説。3体のうち1体を齊藤に例え、ゴールキーパーに見立ててサッカーゴール代わりのかごの近くに置いた。

続けて、もう1体を『さらば青春の光』東ブクロに例え、キーパー役の人形の近くに寄せた。

齊藤京子「絶対嫌だ。死んでも嫌だ」

影山はフィールドプレイヤー役の東ブクロについて「すごい意地悪で…」と伝え、「かご(ゴール)の近くにずっとへばりついてて、京子のほっぺにチューするぐらいの近さで…」「ほっぺにチュー!」と解説すると、齊藤は「絶対に嫌だ。死んでも嫌だ」とディス。

「ここに(フィールドプレイヤーが)いるのが嫌だよね、っていうのがオフサイド」と告げると、「えっ、そうなんだ!」と、齊藤は一発でオフサイドのルールを理解した。

フィールドプレイヤーがキーパーに近づいた気持ちを聞かれた齊藤は「ふざけんじゃねえみたいな」と反応。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル