top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ピラミッド、アトランティス、古代核戦争…最新科学で分かった「世界の謎」新常識

週刊実話WEB

(画像)AlexAnton/Shutterstock

高度な技術を用いて造られた巨大建造物や未来を予見したような伝承など、古代文明には多くの謎が残されている。しかし、連綿と続く科学的なアプローチによって、それらの一端は解明されつつある。神々の足跡とも言うべきミステリーについて、新説、仮説を検証してみた!

【関連】北朝鮮が“電磁パルス”攻撃の準備!? 電子機器の無力化で世界は大混乱に ほか

――――――

「世界七不思議」の筆頭とも言えるエジプトのピラミッド。誰が何のために、どうやって造ったのかは長年の謎とされてきたが、近年の科学的調査によってさまざまな事実が明らかになってきた。

一般には「王家の墓」と考えられていたピラミッドだが、これには否定的な声が強まっている。例えば世界的に有名なギザの三大ピラミッドの場合、最大の規模を誇るクフ王のピラミッド(高さ146.6メートル)の中には、石棺があるだけで遺体などは見つかっていない。

これについては「遺体や副葬品は盗掘された」と考えられてきたが、数あるピラミッドのほとんどにおいても、王のミイラは発見されていないのだ。

広告の後にも続きます

また、クフ王のピラミッドの石棺には装飾やフタがなく、王の石棺としてはあまりに質素すぎる。さらに、有名なツタンカーメンのミイラにしても、ピラミッドとは別の墓所から発見されたものなのである。

そうしたことから近年、ピラミッドは「祭祀のための施設」であったとの説が強まっている。ギザの三大ピラミッドの配置を見ると、オリオン座の中央にある「三つ星」と同じ並びになっており、これが天空の神的なものを具象化した証しだというのだ。

古代エジプト人は電気を利用していた

また、スフィンクス像はもともと2体あったとする仮説があり、この場合には日本の神社で言うところの狛犬のようなものであったと考えられる。

日本を含む世界各地には古代の山岳信仰に由来した遺跡が残っているが、ピラミッドも山に見立てて造られたのではないかとの推察もある。

最新の研究では「発電所説」も持ち上がっている。2018年、ロシア人の研究者により「ギザのピラミッド内部の部屋に電磁波エネルギーが集中していた」とする論文が発表されたことで、これを古代エジプト人が電気を利用していたという論拠にしているのだ。

確かに、古代エジプト文明の発掘物にはメッキ処理されたものがあるといわれ、ピラミッドはこれらに電気メッキを施すための工房だったのかもしれない。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル