top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「上司は神様」「顧客は神様」…日本の企業がダメになった理由

幻冬舎ゴールドライフオンライン

※本記事は、濱田佳代子氏・後藤英之氏・石黒仁氏の書籍『リーダーのための動機づけ面接 実践編』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

【前回の記事を読む】日本の働き手全体に「能力・スキル形成意識」が低いと判明…

第1章 これからの人材育成に動機づけ面接が持つ可能性

第2節 人材育成に関する政策の現状と現実的展望

8 Society 5.0社会におけるマネジャーの存在意義

前述したように、企業では従来通りの階層別研修やビジネススキル習得のための研修が主流です。また複数回答ですが、7割以上の企業がOFF―JTを自社で行っていると回答しています。まだまだ企業が行っているOFF―JTの多くは、自社企業での業務上のスキルアップや適応力を向上させる位置づけにあるとみていいでしょう。

広告の後にも続きます

同時に「指導する人材が不足している」、「人材を育成しても辞めてしまう」、「人材育成を行う時間がない」といった課題があがっており、内容や対象者や実施方法も見直す時期にきているのではないでしょうか。

では、Society5.0社会に向け、企業の中で「非認知能力」を開発できる人材育成はどのようにして実現すればよいのでしょう。これについては、2019年にリクルートワークス研究所が公表したマネジャーへのインタビュー調査をふまえた4つの提言(1)が参考になります。

1 部下への指導にこそ、ふんだんに時間を使うこと

2 思い切ってメンバーに任せる

3 本来業務に集中できる環境整備を怠らない

4 顧客への過剰なサービスはやめよう

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル