top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ヘイデン・クリステンセン主演、SFアクション大作「ジャンパー」がdTVで配信スタート

WEBザテレビジョン

ヘイデン・クリステンセン主演、SFアクション大作「ジャンパー」がdTVで配信スタート

「スター・ウォーズ」シリーズでダース・ベイダー/アナキン・スカイウォーカーを演じて世界的スターとなったヘイデン・クリステンセン。2022年再びアナキン役に復帰したことで大きな話題を集め、「東京コミコン 2022」での来日も決定し、ますます注目が高まっている。そんなヘイデン・クリステンセンが2008年に主演を務めた映画「ジャンパー」が映像配信サービス・dTVにて配信スタートした。

■内気な少年がテレポートの超能力に目覚める!

ヘイデン・クリステンセンが演じるのは、テレポートの超能力を持つ「ジャンパー」のデヴィッド・ライス。内気な少年だったデヴィッドは、15歳の冬に凍った海で溺れてパニックに陥った瞬間、なぜか図書館に転移。自分がテレポートの超能力を持っていることに気付く。

「自分が知っている場所」であれば瞬時に移動できることがわかった彼は、その能力を利用して銀行の金庫から大金を奪取。世界中を能力で飛び回りながら豪勢で気ままな生活を送るようになり、10年後、少年時代に片思いしていたミリーにも堂々アプローチできるほどに。

そこに現れたのが、「ジャンパー」たちの抹殺を目的とする組織「パラディン」の人間たち。特に、数々のジャンパーを狩ってきた凄腕のローランドが、デヴィッドに目をつける。同じ「ジャンパー」であるグリフィンと出会い、ともにローランドを返り討ちにしようとするが、ローランドの攻撃は激しさを増していく。

■世界中を飛び回る壮大なアクションが魅力!

同作の見どころは、「ジャンパー」の能力で世界中を飛び回りながら展開する壮大なアクション。次々に背景が変わっていくスピード感溢れるバトルや、能力者に対してさまざまな武器を駆使する「パラディン」サイドの頭脳戦が魅力だ。

映画の後半には日本も登場。実際にヘイデン・クリステンセンらが来日し、日本でロケを敢行したシーンの数々が収められている。

ヘイデン・クリステンセンは、華麗なアクションはもちろん、心の底で愛情を求めるデヴィッドを繊細な演技力を表現。

さらに、デヴィッドを執拗に追うローランドを、「アベンジャーズ」シリーズなどの名優サミュエル・L・ジャクソンが熱演。ヘイデン・クリステンセンとは、「スター・ウォーズ」以来の共演となる。

「ボーン・アイデンティティー」のダグ・リーマン監督が手掛けるSFアクション大作「ジャンパー」はdTVで配信中だ。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル