top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

<君の花になる>“竜星”に扮する森愁斗がウルウル目で魅せた力演に感動

WEBザテレビジョン

<君の花になる>“竜星”に扮する森愁斗がウルウル目で魅せた力演に感動

本田翼が主演を務める火曜ドラマ「君の花になる」(毎週火曜夜10:00-10:57、TBS系)の第5話が11月15日に放送された。ライブ出演直前に足を痛めて落ち込む宝(山下幸輝)のところに、弾(高橋文哉)と竜星(森愁斗)がやってくるようすが描かれた。竜星は見る見るうちに目を潤ませて、宝のために宝を諫める。演じる森の熱のこもった力演に感動させられ、見ている方もウルウルとなった。(以下、ネタバレを含みます)

■「君の花になる」概要

同ドラマはある出来事により挫折した元高校教師の主人公・仲町あす花(本田)が、崖っぷちの7人組ボーイズグループの寮母となり、一緒に“トップアーティストになる”という夢に向かって奮闘する物語。脚本は、「花のち晴れ~花男Next Season~」(2018年、TBS系)、「恋せぬふたり」(2022年、NHK総合)などを手掛けた吉田恵理香氏が担当。30歳の節目を迎え、恋も仕事も友情も新たなステージへ進む主人公の成長と胸キュンを完全オリジナルで描く。

同ドラマの鍵を握るボーイズグループ・“8LOOM(ブルーム)”のメンバーを演じるのは、高橋文哉、宮世琉弥、綱啓永、八村倫太郎、森愁斗、NOA、山下幸輝の7人。期間限定のボーイズグループとして実際にデビューし、主題歌・劇中歌などの楽曲発表や物語と連動したライブ、イベントなど多岐にわたる活動を行っている。

また、あす花の姉・優里を木南晴夏が演じるほか、宮野真守、内田有紀、竹中直人、夏木マリら個性豊かな面々がストーリーを盛り上げる。

■怪我をした宝が自嘲すると、竜星は優しく励ます

宝はメンバーの良いところを書いていたノートに、やっと自分の欄にダンスをがんばっていることを書いていたが、それさえも黒く塗りつぶす。宝の怪我は靭帯損傷で全治2週間で、自分の不甲斐なさを嘆いた。

八つ当たりしてノートを投げようとした手を止めたのは、弾とともに病院にやってきた竜星だった。宝がノートのことを知ってたのか聞くと、竜星は「うん、一緒にいること多いし、宝こそこそやるとき匂い変わるし」と言う。さすが、匂いに非常に敏感な竜星ならではのセリフだ。

「しょうもないことしてるなって思ってたんだろ」と宝が自嘲すると、竜星は「かっこいいなと思ってた」と微笑む。驚いて竜星を見る宝。竜星は、自分は昔から面倒なことが苦手でなるべく楽したい、一生懸命のなり方がわからないと続ける。「それは竜星がなんでもできるからだ」と宝が言うと、竜星は否定して「急にリーダーを任されたら絶対引き受けない」と言う。「いつもみんなを引っ張って、なんにでも熱くなれて、宝の周りは太陽みたいな匂いがする」と竜星は宝を励ました。
■本格的な演技初挑戦とは思えない森愁斗に期待!

「宝みたいになれたらと憧れてたし、だから踊ろうって俺なりにがんばってさ」と心からのエールを贈る竜星に、「結局踊れへん、ダメダメ野郎やけど」と宝が言うと、黙って聞いていた弾が「ダメなのは俺だから」と遮る。別のことに気を取られて宝が無理をしていることに気づかなかったと弾は謝る。焦って宝は立ち上がり、竜星は宝の手を取って2人を見守る。この辺りですでに竜星は目の周りが赤く、瞳はウルウルしていて、気持ちが高まってきているのが伝わってくる。

俺のほうがダメだ、いや俺が、とお互い自分のことを否定し合う宝と弾。たまりかねた竜星は立ち上がって「やめて2人とも」と止める。目はさらに赤く、声は震えている竜星に見ている方も胸が詰まる。

いくら本人たちでも悪口は許さないからと涙声で訴える竜星。「俺らはダメダメなんかじゃない!8LOOMは最高最強のグループだから」といつも穏やかな竜星が力強く断言する。竜星の言葉に弾も気持ちを改め、明日のライブ出演には怪我した宝も一緒に7人全員で臨むのだった。

見ているうちに目に涙がいっぱいたまっていく竜星演じる森は、こちらもウルウルとさせられるほど吸引力ある力演を披露した。森は実際にもダンスボーカルグループ「BUDDiiS (バディーズ)」のメンバーで、本ドラマが本格的な演技初挑戦となる。初めてにしてこのポテンシャル高い演技力にこれからの活躍にも期待せずにいられない。

構成・文/入江奈々


TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル