top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

京都丸紅×V&A博物館のコラボ着物、ウィリアム・モリスの花柄友禅振袖や所蔵アート着想の帯など

FASHION PRESS

京都丸紅×V&A博物館のコラボ着物、ウィリアム・モリスの花柄友禅振袖や所蔵アート着想の帯など

京都丸紅(Kyoto Marubeni)は、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(以下、V&A)と初めてコラボレーションした着物コレクションを、2023年3月初旬より全国の着物店、百貨店などにて随時発売する。

京都丸紅×V&A初コラボ、“美術作品”着想の着物コレクション

V&Aは、ロンドンに設立された、世界有数のアート、デザインとパフォーマンスのミュージアム。芸術を身近なものとするため、1852年のヴィクトリア女王即位中に創立された博物館だ。館内145ものギャラリーにはテキスタイルや、陶磁器、彫刻、写真など、美術作品の数々が展示されている。

ウィリアム・モリスの図案を描き起こした友禅振袖や帯など

そんなV&Aと、京都丸紅が初のコラボレーション。伝統的な日本のテキスタイル技法と、アーツ・アンド・クラフツの壁紙や内装用生地に用いられる図案を融合させた、着物や帯、ショール、バッグ、羽織コートなどが登場する。

今回は、V&A所蔵の名品の中から、主にウィリアム・モリスの作品に着目。ウィリアム・モリスのインテリア用テキスタイルの中から、花を繊細に描いた「ピンパーネル」や「クレイ」といったパターンをセレクト。内装用生地や壁紙に描かれる花や葉のモチーフを、緻密かつ美しく描き起こし、友禅振袖や友禅染帯、友禅バッグ、友禅ハンカチーフなどに落とし込んだ。

デザインはウィリアム・モリスのテキスタイルに加え、同時期に活躍したアーサー・ヘイゲイト・マックムルドやルイス・フォーマン・デイといった作家の秘蔵作品もフィーチャー。テキスタイルの持つ気品と職人技を凝縮させた、着物コレクションに仕上げた。

【詳細】
京都丸紅×ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)
発売時期:2022年3月初旬
展開店舗:全国の着物専門店、百貨店他
※2023年春~京都丸紅 ウェブサイトにて取扱い開始
・正絹振袖 480,000円~(3柄)
・小紋着尺 198,000円~(9柄)
・附下 298,000円(1柄)
・袋帯 398,000円(1柄)
・名古屋帯 198,000円(6柄)
・友禅バッグ 180,000円(2柄)
・友禅巾着 130,000円(1柄)
・ハンドスカーフ 38,000円(2柄)
・ショール 58,000円(3柄)
・羽織コート 138,000円(2柄)
・レースコート 298,000円(2柄)

TOPICS

ジャンル