top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

門脇麦主演ドラマ『リバーサルオーケストラ』のサントラをピアニストの清塚信也が担当

Real Sound

清塚信也

 門脇麦が主演を務め、田中圭が共演を果たす2023年1月期の日本テレビ水曜ドラマ『リバーサルオーケストラ』のサウンドトラックを、ピアニストの清塚信也が担当することが決定した。

参考:瀧内公美、坂東龍汰、岡部たかしら、門脇麦主演ドラマ『リバーサルオーケストラ』出演決定

 国際コンクールを総なめ、名門オーケストラと共演を果たし、“天才ヴァイオリン少女”の名を欲しいままにした谷岡初音。彼女は10年前、とある理由で、突如表舞台から姿を消した。2度と舞台には立たないと心に決め、地味な市役所職員として働いているが、強引すぎる変人マエストロ・常葉朝陽に巻き込まれ、地元のポンコツオーケストラ・児玉交響楽団を立て直すことに。しかし、2人の前には数々の障害と強敵が訪れる。恋なのか友情なのか、最強コンビは、難題を乗り越えられるのか。

 清塚は、5歳よりクラシックピアノの英才教育を受け、中学生の頃から国内外のコンクールで数々の受賞歴を持つ。ピアニストとしてはもちろん、近年は、ドラマ『コウノドリ』(TBS系)をはじめ、映画やドラマのメインテーマや劇伴音楽の作曲も手がけている。昨年は、今井翼主演のミュージカル『GOYA-ゴヤ-』の音楽監督として劇中音楽を全編書き下ろした。オーケストラを舞台にした今作の劇伴音楽は、数々のクラシックの名曲のフレーズを随所に生かしながら、清塚がドラマに寄り添う形で新たにアレンジする。

 清塚は 「人間ドラマと共に繰り広げられる天才ヴァイオリニスト役の門脇麦さんと、個性豊かなオーケストラメンバーとの極上なハーモニーに期待しています。そして、日本のドラマ史を代々飾ってきたマエストロ役。田中圭さんがどんなマエストロを新たに演じてくれるのか、今から楽しみで仕方ありません」と、ドラマへの期待を語った。

広告の後にも続きます

■清塚信也 コメント
ネットのない時代に作られ、楽譜を残しただけで何百年も愛され続けるクラシックの名曲達は、紛れもなく人類の宝物です。
それら名曲をドラマにフィットさせるために、新たな息吹を与える“トランスクリプション(書き直し)”は、本当に楽しく、又、光栄なことです。
人間ドラマと共に繰り広げられる天才ヴァイオリニスト役の門脇麦さんと個性豊かなオーケストラメンバーとの極上なハーモニーに期待しています。
そして、日本のドラマ史を代々飾ってきたマエストロ役。
田中圭さんがどんなマエストロを新たに演じてくれるのか、今から楽しみで仕方ありません。
(リアルサウンド編集部)

TOPICS

ジャンル