top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『エルピス』眞栄田郷敦が真相解明に挑む 冤罪が明らかにする暴力と支配の構図

Real Sound

『エルピスー希望、あるいは災いー』©︎カンテレ

 『エルピス-希望、あるいは災い-』(カンテレ・フジテレビ系)第5話は、真っ黒に塗りつぶされた真実に一筋の光が差す印象的な放送回となった。

参考:脚本家・渡辺あやが『エルピス』に込めた思い 「人間っていくつになっても変われるもの」

 松本(片岡正二郎)の再審請求が棄却され、責任を感じたさくら(三浦透子)は自殺を図る。八頭尾山連続殺人事件の企画は正式に制作中止を言い渡され、恵那(長澤まさみ)は戦線を離脱。八方ふさがりの中、諦めの悪い男、拓朗(眞栄田郷敦)はたった一人で真相解明に挑む。

 拓朗が目を付けたのは、松本を見たという西澤正(世志男)の供述だった。近隣住民の証言と食い違っているにもかかわらず、警察は西澤の供述を信用し、松本が犯人とされる有力な根拠となった。隣人の話から西澤が家族にDVを振るっていたと聞いた拓朗は、西澤の息子と別れた妻の由美子(小林麻子)に接触を試みる。由美子の口から語られた真実は、西澤が金を受け取って嘘の証言をしていたことを裏付けるものだった。

 冤罪を暴くことは生易しいものではない。きれいごとで済まされないことは、過去と対峙し、自身の加害者性と向き合う拓朗の姿から伝わってきたが、第5話では外に目を転じて、冤罪を暴かれたくない側の魂胆も徐々に明かされた。『フライデーボンボン』で事件の企画を取りやめた理由は、斎藤(鈴木亮平)が言うところの社内のパワーバランスによるもので、捜査当局の圧力を受けた報道部門がゴネればバラエティは逆らえない。斎藤は拓朗に事件にのめり込まないように忠告するが、斎藤自身が官邸キャップとして副総理の大門(山路和弘)と近しい関係にあり、忠告に見せかけた牽制にも見える。大門は元警察庁長官で、そのことを恵那に教えた報道部の滝川(三浦貴大)も事件の進展に注目していた。

広告の後にも続きます

 恵那たちが仕掛けた企画の余波がじわじわと浸透する中で、拓朗は恵那にならい、ゲリラ方式で由美子のインタビュー映像を流そうとするが、事前に察知されて不発に終わる。失意の拓朗が「真実は嫌われて、叩かれ、また闇に押し込められる。明日も世界は平和なふりして回る」とポエマー化していたその頃、拓朗がしようとしたことを聞かされた恵那は映像を見て驚愕する。

 滝川が言う「真犯人を逮捕させまいとする力」というのが、警察や検察に影響力を持つ政治家、司法などの権力であるという構図はわかりやすい。三権分立とはいうものの、実際のところ行政の役割が大きく、内閣イコール与党であるため有力政治家に権力が集中する弊害は、これまでにも指摘されてきた。冤罪が生まれる陰では、闇に葬られる不都合な真実があり、表に出せない事情があることが示唆される。

 権力を動かす「中の人」に斬り込むだけでなく、『エルピス』ではさらにその内面に目を向ける点がユニークだ。権力の腐敗を追及する側は、必然的に自らの権力性と向き合わざるを得ず、真実を前にして自身の醜悪さや矛盾をやり過ごせなくなるのは、恵那や拓朗の姿から明らかだ。冤罪に関わる者は、自らを取り巻く暴力と支配の構図を自覚し、好むと好まざるとにかかわらず選択を迫られる。男女や親子の関係、スクールカースト、出世競争、社内のパワーバランス……駆け引きが繰り返される人間社会は、個人というミクロから国というマクロのレベルまで、果てしなく続く権力闘争にほかならず、情報を武器に影響力を行使するマスコミも例外ではない。恵那と斎藤の復活愛や拓朗が母・陸子(筒井真理子)の元を離れたことも、すべて支配・被支配の関係性の変化として説明可能である。その端緒になったのが、権力の交点にある冤罪事件の再捜査だったことは偶然ではない。(石河コウヘイ)

TOPICS

ジャンル