top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

長澤まさみ&夏帆、人気ドラマでの熱演が話題の2人にあった“接点” 監督が語っていた役柄とは真逆な素顔

SmartFLASH

2016年の「第39回日本アカデミー賞」では、くしくも長澤まさみ(右)と夏帆が壇上に並んでいた

 

 話題作が多い今期の秋ドラマ。けん引役となっているのは、間違いなく『エルピス―希望、あるいは災い―』と『silent』(ともにフジテレビ系)だろう。

 

『エルピス』は、死刑囚の冤罪事件というテーマを、スキャンダルで表舞台から外された女性アナウンサー・浅川恵那が追及していく作品だ。長澤まさみ演じる恵那が、真実を探るべく強い意志で突き進んでいく姿は「社会派エンタメ」として、多くの反響を呼んでいる。

広告の後にも続きます

 

 

 一方、川口春奈が主演を務める『silent』は、聴覚障害を扱ったラブストーリーだ。川口演じる主人公・青葉紬が、かつて本気で愛した恋人である、目黒蓮演じる佐倉想と8年越しに再会。すると、想の耳が聞こえなくなっていた、というストーリーだ。第7話では、聴覚障害者の桃野奈々を演じる夏帆が、繊細な感情を表現し、話題を呼んだ。

 

 ともに好演が話題になっている、長澤と夏帆。じつは、2人にはある“接点”があった。2017年の映画『散歩する侵略者』で長澤が主演を務め、さらにそのスピンオフ作品『予兆 散歩する侵略者』の主演を、夏帆が務めていたのだ。

 

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル