top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

鳥に出会うと最大8時間、心の健康が向上するという研究結果

カラパイア


 普段の生活の中で鳥と出会うと、心の健康(メンタルヘルス)が向上するそうだ。

 新しい研究によると、鳥の姿を見たり、そのさえずりを耳にしたりすると、「自信・リラックス・幸福感・人とのつながり・元気」などを感じやすくなる一方、「不安・ストレス・落ち込み・孤独感・疲れ」を感じにくくなるという。

 この研究結果は『Scientific Reports』(2022年10月27日付)に掲載された。

スマホアプリで日常の体験を測定

 イギリス・EU・アメリカをはじめ、世界各国から募った参加者1292人に、日常生活の経験を測定するスマホアプリ「Urban Mind」を使って、14日間周囲の環境についてのレポートを送ってもらった。

 たとえば、アプリは1日3回、「鳥が見えるか?(その声が聞こえるか?)」「木・植物はあるか?」「水が見えるか?(その音がするか?)」「現在の気持ちは?」などと質問してくるので、参加者はこれに答える。

 するとその結果が研究チームにリアルタイムで報告されるといった具合だ。

photo by iStock

鳥を見たり、さえずりを聞いた人の心の健康状態が向上

 その結果、鳥の姿が見えたり、そのさえずりが聞こえたりすると、心の健康がアップする傾向があり、とりわけ屋外では顕著であることがわかったという。

 英キングス・カレッジ・ロンドンの研究助手ライアン・ハムード氏の説明によると、そのメンタル改善効果は最大8時間ほど続くそうだ。

 また、こうした効果は、うつ病などの精神疾患がある人にも、ない人にも現れたとのことだ。

photo by Pixabay

自然の効果を排除しても鳥にメンタルヘルス効果

 だが過去の研究では、自然との触れ合いでも心の状態が良くなることが指摘されてきた。

 ならば今回の結果も、鳥というよりも、むしろ自然と触れ合ったことによる影響なのではないだろうか?

 「木・植物はあるか?」「水が見えるか?(その音がするか?)」といった質問は、この可能性を検証するためのものだ。

 そして、こうした要素を考慮してもなお、鳥との出会いは心の健康をアップしてくれることが確認されたそうだ。

 「直感的には、鳥がメンタルに良いのはわかります。ですが、これまでそれを裏付ける証拠がありませんでした」と、ハムード氏。

 彼は今回の分析で、木や植物といった自然を考慮しても、なお鳥の効果が明らかであることに驚いたそうだ。

Being around birds linked to improved mental wellbeing

鳥を見守ることが、心の健康を守ることにつながる可能性

 今回の分析では、結果に影響を与えそうな要素として、自然だけでなく、年齢・性別・民族・学歴・職業・地位なども考慮されている。

 その一方で、参加者が環境やメンタルヘルスに関心がある若いスマホユーザーに偏っているという限界もある。

 そのため、鳥のメンタル改善効果がより一般的な人々にも当てはまるかどうかははっきりしない。

 それでも今回の発見は、鳥の種類が多様な地域に住んでいる人は、人生により満足していることを示した過去の研究と一致している。

 つまり、鳥の生息地を守ることが、人々の心の健康を守ることにもつながる可能性があるということだ。

 こうした発見は、「鳥が元気に暮らせる環境を守ることは、生物多様性のためだけでなく、社会のメンタルヘルスのためにも大切であるということを告げています」と、ハムードは語っている。

References:Encounters with birds linked to improved mental wellbeing for up to approximately 8 hours / written by hiroching / edited by / parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル