top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

レンタカーの「喫煙車」が絶滅危惧種になってた件 「愛煙家応援プラン」提供し続ける店舗でも…

Jタウンネット

こんなに見つからないものなのか――そう驚かされたのは、北海道旅行に行く準備をしていた時のことだった。

新千歳空港に到着した後、車で移動しようと考えていたJタウンネット記者はネットでレンタカーの予約をしようとしたのだが……どうしても条件を満たす車が出てこないのだ。

その条件とは「喫煙車」である。

新千歳空港国内線レンタカーカウンターにある12店のレンタカーショップで探したが、検索結果に商用車以外の喫煙車が出てきたのはわずか1店。しかも、それも在庫なしで借りたい日には予約できなかった。

記者が小学生だった頃、祖父がレンタカーを借りてくるときはいつも灰皿付きの車だったし、シガーソケットでたばこに火をつけて運転していた。それがこんなにも見つからないとは……。

広告の後にも続きます

記者の頭の中に、ある疑問が浮かんだ。

「レンタカーの喫煙車って、もしかして絶滅危惧種なの?」

業界に押し寄せる「禁煙化」の波

ひょっとして新千歳空港に限らず、全国どこでも同じような状況なのではないか。

Jタウンネット記者が気になってレンタカー業者を調べたところ、ニッポンレンタカーサービスは18年4月4日、同年11月1日から乗用車・ワゴン車の全車禁煙化(商業クラスでは喫煙車の取り扱い有)をスタートすると発表。これは、「禁煙化ニーズを背景にした、業界初の試み」だという。

タイムズカーレンタルも18年10月10日から乗用車と商用車をあわせた全車禁煙化を実施、日産レンタカーも19年10月1日から全車禁煙(特定代車車両・商用車などは除く)に全面移行すると発表していた。

トヨタ自動車も2018年7月に屋内禁煙を原則とする改正健康増進法(20年4月1日全面施行)が成立したことを受け、トヨタレンタカーの各事業所に喫煙車を減らしていくという方針を伝えたという。

同社広報部の担当者によると、レンタカーの保有台数が多いある事業所では、17年の喫煙車率は全体で38%(乗用車で23%、商用車で98%)だった。それを22年7月までに11%(乗用車で0%、商用車で49%)まで減らしている。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル