top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

メンヘラ刑事の最期にイライラ…『親愛なる僕』超胸糞ストーリー「ただのクズ」

まいじつ

山田涼介 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

ジャニーズグループ『Hey!Say!JUMP』山田涼介が主演を務めるドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて』(フジテレビ系)第7話が11月16日に放送された。〝メンヘラ刑事〟2人による衝撃的な結末にツッコミの声があがっている。

【関連】『silent』川口春奈は最凶最低ヒロイン? クズ女すぎて戦慄「悪魔だろ」 ほか

同作は『ヤングマガジン』で連載された人気コミックを実写化。山田演じる主人公・エイジが、ある時、自分が二重人格であることを悟り、〝もう1人の自分〟が殺人を行ったかもしれないと思い、真相を明らかにしていく。

第7話では、女性刑事・桃井(桜井ユキ)が過去に買春していたことを、殺人鬼・LLから脅迫されていたと発覚。

また、桃井に恋心を抱いていた警視庁・管理官の猿渡(高嶋政宏)がエイジの父・八野衣(早乙女太一)を殺害したことが判明する。

広告の後にも続きます

エイジから銃口を向けられた桃井は、「LLの正体を教えたら銃をおろしてくれるか? このまま私たちを見逃してくれたら、LLの逮捕に協力する」と八野衣の冤罪を証明しようと交渉するが、エイジには響かない。

その後、桃井は「これで地獄が終わる」と言い残して自殺。それを受けて、猿渡も桃井のあとを追い、自ら命を絶つのだった。

「桃井と猿渡ただのクズコンビでびびった」

「自らの不始末の口封じに殺害を重ねた桃井と、そんな桃井に協力しようと無関係な八野衣に罪をかぶせた猿渡。エイジにとっては、2人の単なる保身によって最愛の父を奪われたにすぎません。しかも最後2人は、罪を償うことなく自殺するという逃げっぷり。純愛感を演出していましたが、ただのメンヘラ刑事で草不可避です」(芸能ライター)

予想だにしていなかった展開に、視聴者からは、

《桃井と猿渡ただのクズコンビでびびった笑》
《いやもうこいつら…周り巻き込まないで最初から2人で死んどけよって言いたくなる展開》
《最後まで気持ち悪い2人だな》
《桃井自死する勇気あるなら、周りに迷惑かける前にさっさとすれば良かったのにって思うレベルで酷いキャラだったわ》
《罪を自分の罪として向き合うか、そこから始まるのに自分から死ぬんだ。桃井も猿渡も罪を放置で死ぬなよ。刑事なのにエイジ(B一)を前にしてずっと最期まで卑怯もの》

などと、ツッコミを入れる声が続出している。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル