top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『レコード大賞』最有力候補は氷川きよし? 令和の歌姫・Adoと一騎打ちか…

まいじつ

12月30日に生放送される年末恒例の『第64回 輝く! 日本レコード大賞』(TBS系)の各賞受賞者が発表された。注目を集める10組が選出されたが、ネット上では、早くも大賞受賞者を予想する声が上がっている。

【関連】氷川きよしの美しさに磨きが…最新姿に「気になって仕方がない」 ほか

今年の「優秀作品賞」は純烈、NiziU、wacci、氷川きよし、Ado、Da-iCE、Mrs. GREEN APPLE、マカロニえんぴつ、BE:FIRST、SEKAI NO OWARIの10組が選出。30日の最終審査会で大賞が決定する。

「近年のレコ大は、乃木坂46が第59回に『インフルエンサー』、第60回に『シンクロニシティ』で2連覇。第61回は小中学生5人組ユニット・Foorinが『パプリカ』で、史上最年少受賞するなど話題を呼びました。第62回は、LiSAが大ヒットアニメ映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌『炎』で受賞。なんと5年連続で所属レコード会社がソニー系列だったため、話題を呼びました。昨年の第63回は、エイベックス所属の5人組ダンス&ボーカルグループDa-iCEが『CITRUS』で初受賞しており、2連覇に期待がかかっています」(芸能ライター)

しかし今年は、Adoと氷川を大賞受賞者に挙げる声が圧倒的で、ネット上では

《レコ大は曲の認知度ならAdoかセカオワだけど、なんだかんだで氷川きよしに落ち着く気がする》
《さすがにAdoじゃね? をしっかり裏切ってきそうなので氷川きよしが獲ると予想》
《普通にいけばAdoだろうけど、顔出さないから無理でしょ?》
《無期限活動休止するんだから100%氷川きよしでしょ》
《アイドルがレコ大とるよりも、氷川きよしが毎年一曲賞取ってんのすごいし、今年もだろうな》
《レコ大はもうAdoしかいないじゃん。他の人取ったらもう誰にも相手されなくなるだろ?》

広告の後にも続きます

などと、さまざまな予想合戦が繰り広げられている。

氷川きよしが支持される理由

「幅広いジャンルでノミネートの頭数を揃えているのでしょうが、レコ大は視聴率獲得に必死。70年代には、最高視聴率50.8%(関東地区、ビデオリサーチ調べ、以下同)を獲得しましたが、2005年には最低10.0%を記録。以降、14%~17%で推移し、昨年は12.0%と再び落ち込みました。若い世代の視聴者を集めようと躍起になっているのでしょうが、過去に乃木坂46の大賞受賞や韓国グループiKONの最優秀新人賞受賞に〝ヤラセ疑惑〟が浮上。アンチによる言いがかりレベルですが、番組の評価は年々下がりつつあります。ここはAdoを大賞にして、注目を集めたいところですが…」(音楽ライター)

しかし、Adoは大賞とするのは難しいとする声も…。

「Adoは、映画『ONE PIECE FILM RED』の主題歌『新時代』で各音楽チャートを席巻していますが、特別賞にも選出されていることに加え、顔出しをしていないので、さすがに厳しいのでしょう。なんだかんだ氷川は2000年の初出演以来、毎年何らかの賞を受賞しており、今年で活動休止になることを考慮すると、受賞の最たる理由になりそうです」(同ライター)

視聴者離れの激しいレコ大だが、やはりこの時期になると、なんだかんだいって気になる人も少なくないようだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル