top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

双葉山「いまだ木鶏たりえず」~心に響くトップアスリートの肉声『日本スポーツ名言録』――第28回

週刊実話WEB

(画像)Yuka Tokano/Shutterstock

近年の角界では「横綱の品格」について多くの議論が交わされているが、その理想とされるのが69連勝の偉業を達成し、〝相撲の神様〟〝昭和の角聖〟と称される双葉山だ。しかし、そんな大横綱にもカルト事件に関与した過去があった。

【関連】川上哲治「ボールが止まって見えた」~心に響くトップアスリートの肉声『日本スポーツ名言録』――第27回 ほか

2010年の大相撲11月場所において、横綱白鵬は前頭筆頭だった稀勢の里に敗れて連勝が63でストップした際、支度部屋へ戻って「いまだ木鶏たりえず、だな」と語ったという。

この言葉は、もともと戦前の横綱双葉山によるもので、70連勝が懸かった取組に敗れた日の夜に、師と仰ぐ哲学者の安岡正篤へ「イマダモッケイタリエズ」と電報を打ったことが伝えられている。

木鶏とは中国の文献『荘子』にある「本当に強い闘鶏は、他の鶏が鳴いて騒ごうとも泰然自若としていて、まるで木製の鶏のようである」との故事に由来したもの。つまり「まだ自分は真の強者ではない」という双葉山の反省の弁であった。

現役時代の白鵬は「横綱の品格に欠け、大相撲の伝統に反する」などと批判を受けることも多かったが、大横綱のエピソードを引用したあたりを見れば、伝統や歴史を軽んじていなかったことが分かる。

広告の後にも続きます

白鵬は「後の先(相手より一瞬あとに立ちながらも、当たり合ったときには先手を取っているという立ち合いの極意)」という言葉もよく口にしていて、これも双葉山の代名詞とされたものだった。

「双葉山を誰が止められるのか」

幕内優勝回数と通算勝ち星で歴代1位の白鵬も、双葉山の連勝記録「69」には及ばなかったが、この快挙は1936(昭和11)年の1月場所7日目から始まった。

当時の双葉山は東前頭2枚目で、同年は一場所11日制。翌年からは13日制となり年間2場所の開催であったことから、双葉山は1939年まで足掛け4年にわたって勝ち続けたことになる。

無敵の双葉山を一目見ようと、好角家たちは徹夜で本場所の入場券を求めた。一場所の日数が増えたのも、あまりに双葉山の人気が過熱したためだという。

それまでの記録は江戸時代中期に活躍した谷風の63連勝とされ、双葉山はこれを1938年の5月場所に更新。約157年ぶりに連勝記録を塗り替え、全勝で5場所連続の優勝を成し遂げた。

そうして39年の1月場所は「双葉山を誰が止めるのか」「連勝はどこまで続くのか」との期待が寄せられる中で迎えたが、双葉山は前年の満州・大連巡業の際にアメーバ赤痢に感染し、まだ回復の途中で決して体調万全ではなかった。にもかかわらず出場したのは、前年12月に同じ横綱の玉錦が腹膜炎で亡くなっていたことから、「自分が横綱の責任を果たさねば」という決意からだった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル