top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

オランダ代表、W杯初戦で大抜擢!代表出場なしの“元引退危機”GKを起用へ

Qoly

2大会ぶりにワールドカップの舞台に戻ってきたオランダ代表。

ルイス・ファンハール監督はセネガルとのグループステージ初戦で抜擢人事を行うことを決めたようだ。

『De Telegraaf』によれば、練習内容から判断すると、アンドリス・ノパートがGKとして先発起用される見込みになったという。

「彼にとっては夢の実現。身長203cmのGKは、少し前までは引退を考えていたし、W杯はおろか、オランダ代表も遠い存在に思えた」とも伝えている。

28歳のノパートは2020年夏から2021年1月までは所属クラブがない状態だった。また、彼は代表戦に出場したことがまだ一度もない。

広告の後にも続きます

【関連】W杯にまだ一度も出場したことがない11人の現役スター選手

ファンハール監督やGKコーチは練習などでのパフォーマンスからノパートの抜擢を決めたそうで、いきなりW杯の大舞台で代表デビューになるようだ。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル