top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

抑えきれない愛を爆発させ、唇スレスレの「会いたかった…」 イケメン年下俳優が悶絶キスシーン

ABEMA TIMES

 11月20日、ABEMAにて『恋愛ドラマな恋がしたい in NEW YORK』act.2が放送。女優の吉本実憂が、ドラマ第2話のペアに前回も一緒にペアを組んだ年下俳優・髙橋大翔を指名。その理由を明かした。

【動画】吉本実憂と年下俳優のキスシーン(30分頃~)

『恋愛ドラマな恋がしたい in NEW YORK』とは

 同番組は、期待の俳優たちが毎回キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、本当の恋をしていく様を追いかける恋愛番組。スタジオメンバーは近藤春菜(ハリセンボン)、あ~ちゃん(Perfume)、福徳秀介(ジャルジャル)、小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、谷まりあが務める。

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、吉本美憂(以下:みゆ/25歳)、福山翔大(以下:しょうだい/27歳)、小島梨里杏(以下:りりあ/28歳)、柾木玲弥(以下:れいや/27歳)、立石晴香(以下:はるか/28歳)、小野翔平(以下:しょうへい/26歳)、トミコ・クレア(以下:クレア/22歳)、髙橋大翔(ひろと/22歳)の男女8人。 

 今シーズンでは、シリーズ史上初となる海外での全編ロケを敢行。アメリカ・ニューヨークに舞台を移し、男女の共同生活をブルックリン区にある若者の街・ウィリアムズパークで行ったり、タイムズスクエアやブルックリンブリッジなど観光名所としても名高い場所でのオーディションやドラマ撮影を行い、これまでとは一味違うスケールで届ける。

みゆ、ひろとを再びキスシーンの相手に指名

広告の後にも続きます

 全日本国民的美少女コンテスト・グランプリを受賞し芸能界デビュー後、映画『瞽女GOZE』にて第30回日本映画批評家大賞・新人女優賞を受賞するなど、高い演技力で数々の作品で主演経験を持つみゆ。しかし、ドラマ第1話のオーディションでは、主役を勝ち取ることができず。みゆは主演ペアに拍手を送りつつも、「悔しいな〜悔しいな、悔しいな〜」と本音をこぼし、その後のインタビューでは「こんなに悔しいと思わなかったです。めちゃめちゃ悔しいんですけど〜」「改めて、お芝居好きなんだなって思ったんで。次からは絶対獲りたいなって」と芝居への強い思いを明かしていた。

 そんな中、迎えたドラマ第2話のペア決め。くじ引き順での女子からの指名制で、みゆは2番のくじを引くと、ドラマ第1話に続けて年下俳優のひろとを指名。恥ずかしそうに笑顔を見せるみゆの姿に、スタジオの小森は「何その笑顔!好き!」「これテンション上がる!」と男子目線で喜んだ。

 ひろとは、みゆと2人きりになると、「どういう気持ちで選んでくれたか知りませんが!まぁ、二番目で選んでくれたと。俺は、“みゆ、こい!”と思ってたし、そこらへんの関係性は負けない!負けたくない!」と自分もみゆとやりたかったことをアピール。

 みゆは、照れくさそうにしながらも、「委ねられなかったことに自分が気づいたから、もう1回一緒にやりたいなって」「これで他の人にいくんじゃなくて、ひろととちゃんと信頼関係を作って、一個達成したいなと思ったんで、選びました」と本音を明かした。

 こうして迎えたオーディションでは、前回以上に信頼関係を築きあった2人が、お互いのことを思いながら演技。カットがかかっても、ハグをし続けるなど、より気合が入った様子で、スタジオからも「すごっ…」と絶賛の声が沸いた。

 オーディション後、みゆは「課題にしてたことがひろとだったからできたかなって思います」とやりきった表情。果たして、ドラマ第2話の主演を勝ち取ることができたのか…?全貌はABEMAにて配信中。『恋愛ドラマな恋がしたい in NEW YORK』act.3は、11月27日(日)よる10時~の放送だ。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル