top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ティラノザウルスは考えられているより2倍近く大きかった可能性があるとする新たな研究報告

カラパイア


 最強の肉食恐竜ともいわれる「ティラノサウルス」にも個体差があり、その大きさは様々だ。では一番大きいティラノサウルスはどれくらいの大きさだったのか?

 これまで発見された中で最大のティラノサウルスは、全長13メートル、体重8.8トンのカナダのサスカチュワン州で発見されたスコッティだ。

 だが、最新の研究によると、もっと大きなティラノサウルスがいるそうで、それは体重が15トンに達した可能性があるという。

 この研究は、カナダ自然博物館の古生物学者チームが、11月5日にトロントで開催された古脊椎動物学会の年次総会で発表した。



想定より2倍大きいティラノサウルスが存在していた可能性

 これまでに知られている最大のティラノサウルスは、1991年にカナダ、サスカチュワン州で発見された「スコッティ」と呼ばれる標本だ。約6800万年前の個体で、生きていた当時全長13メートル、体重が8.8トン(8870キログラム)あったと推定されている。

 年齢は22~23歳と推定され、性別はわかっていないそうだがメスの可能性が高いそうだ。

 だが今回の研究によるならば、最大のティラノサウルスは体重が15トンに達していた可能性があり、スコッティより約70%も大きかったことになる。さらに2倍近くも大きな個体が存在したかもしれないのだ。

photo by Unsplash

 この結論を導くために、研究チームはまず、ティラノサウルスの生息数を推測してみた。

 これまで発見された化石から推定すると、かつて地球上にはおよそ25億頭のティラノサウルスが存在したと考えられる。

 だが実際に発掘された成体の化石はわずか32頭分でしかない。ティラノサウルスについてごく限られた情報しか得られていないということだ。

 性的二型(オスとメスで姿が違うこと)による体格のばらつきも考慮された。

 仮にティラノサウルスのオスとメスにかなりの体格差があったとするならば、その体重は24トンに達したと推測できるが、どうもこれは正しくないようだ。これが本当なら今までにもっと大きな個体が発見されているはずだからだ。

 こうしたデータや平均寿命に基づき、ティラノサウルスの一生の成長曲線をモデル化してみる。するとティラノサウルスは、体重15トンまで成長できたと考えられるのだという。

photo by Unsplash

実際に巨大個体が発見されるまでは推測の域に過ぎない

 ただし、これはあくまで推測に過ぎない。実際にその大きさのティラノサウルスが発掘されなければ、その正しさが証明されることはない。

 研究チームの1人、カナダ自然博物館のジョーダン・マロン氏によると、「数字を使ったただの思考実験」であるそうだ。

 このことは、限られた化石から恐竜の本当の姿を知ることがどれほど難しいか伝えてくれてもいる。

 米カーセッジ大学の古脊椎動物学者トーマス・カー氏は、第三者の立場から「私たちが恐竜のことをほとんど知らないということを再認識させてくれます」と解説する。彼らについて知るために必要な標本が、とにかく足りていないのだそうだ。

 それでもこうした研究は、ティラノサウルスの雄大さを十分想像させてくれる。大昔には、そんな驚異的な生き物が本当に存在したのだ。

 そういえば、イーロン・マスク氏率いるニューラリンク社の共同設立者マックス・ホダック氏は昨年、「我々は恐竜を蘇らせる技術を持っている」とつぶやいたことで話題となったが、そんなことはしちゃいけないとわかっていても、生きている恐竜たちを見てみたいと思ってしまうのはわたしだけだろうか?

References:T. rex could have been 70% bigger than fossils suggest, new study shows / written by hiroching / edited by / parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル