top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『ストリートファイター』リュウは完璧!? ゲームにおける“理想の主人公”とは

まいじつ

『ストリートファイター』リュウは完璧!? ゲームにおける“理想の主人公”とは (C)PIXTA

ゲームにおいてプレイヤーと共に生きる“主人公”は、作品の面白さを左右する重要な要素。どんなにゲーム性やグラフィックにこだわったゲームでも、主人公が共感できなかったり不快だったりするだけで、あっという間に楽しめなくなってしまう。

【関連】『Apex』が今度こそ本当にオワコン化!? 1年ぶりの新マップ実装も盛り上がらずほか

では、そんなゲームにおける「理想の主人公」とは、どんなキャラクターなのだろうか。

RPGにおける理想の主人公

一言で「理想の主人公」といっても、ジャンルやプレイヤーの趣向によって理想像はさまざま。たとえば「RPG」に関して良く言われるのは、主人公に自分を重ねてゲームを楽しむ「一人称型」か、映画を見るように俯瞰で物語を楽しむ「三人称型」のプレイヤーかで、主人公に求める要素は変わってくるようだ。

まず「一人称型」のプレイヤーが主人公に求める要素は、徹底的に無個性であること。究極系と言えるのが、「キャラメイク」で主人公を自由に作れるタイプのゲームだろう。この場合、 “なりきり”プレイで世界観に没入させてくれることが大切ということになる。

広告の後にも続きます

一方で、「三人称型」のプレイヤーが求めるのは、反対にどこまでも個性的で魅力がある主人公。具体的には『FINAL FANTASY VII』のクラウドや、『METAL GEAR』シリーズのスネーク、『NieR:Automata』の2Bなどが、理想的な主人公として良く挙げられている。

また太ももが大きな話題になった『ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~』のライザも、このタイプの主人公かもしれない。プレイヤーは最も身近なパートナーとして、主人公を“見て楽しむ”というわけだ。

ただ、基本的に1人の主人公を操作していくRPGとは違い、操作キャラクターに多数の選択肢がある対戦型のゲームでは事情が違ってくる。

対戦型ゲームにおける理想形は?

たとえば格闘ゲームでは、ビジュアルや性格だけでなく、キャラクターの性能的にもゲームを象徴するようなキャラクターが好まれるようだ。

とくに『ストリートファイター』シリーズのリュウは、その典型的な例。飛び道具や対空技に加え、通常技も癖の無い技が揃っており、初心者が格闘ゲームの基本を知るにはうってつけなキャラクターとなっている。

もちろんシリーズやバージョンによっては例外も存在するが、「ストリートファイターII」の主人公がもっとテクニカルなキャラだったら、おそらく2D格闘ゲームはあそこまで流行らなかったであろう。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル