top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『笑ってはいけない』復活ならずで他局は歓喜!? 日テレ大みそか惨敗確定か

週刊実話WEB

月亭方正、松本人志、浜田雅功、遠藤章造、田中直樹(C)週刊実話Web

日本テレビが、大みそかに7時間半の生放送『笑って年越し!世代対決 昭和芸人vs平成・令和芸人』を放送すると発表した。

メインMCは東野幸治とナインティナイン。「昭和チーム」は出川哲朗とフットボールアワーの後藤輝基、「平成・令和チーム」はかまいたちがキャプテンを務め、ネタバトルを繰り広げる。

【関連】2022大みそか『ガキ使』“笑ってはいけない”復活の極秘プロジェクト始動!? ほか

「この発表後、他局では歓声が上がった。これまでの日テレは、大みそかに『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!絶対に笑ってはいけないシリーズ』を放送し、11年連続で民放1位を獲得していましたからね。それが、昨年は急遽『笑って年越したい!笑う大晦日』に変更され、視聴率が10ポイント以上も下がるほど大コケ。そのため、今年は『笑ってはいけない』を復活させるのではないかと警戒されていたのです」(スポーツ紙記者)

『笑う大晦日』の視聴率は7.2%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)で、結果的にテレビ朝日系が放送した『ザワつく!大晦日一茂良純ちさ子の会』に首位を譲る形になった。

ギリギリまで復活を模索

『笑ってはいけない』が、BPO(放送倫理・番組向上機構)の「痛みを伴うことを笑いにするバラエティー番組を審議対象とする」とした方針に恐れをなし、放送見送りとなったのは周知の事実。しかし、『笑う大晦日』が大惨敗しただけに、日テレは今年もギリギリまで『笑ってはいけない』の復活を模索していたという。

広告の後にも続きます

「日テレは、吉本興業に対して罰ゲームの〝ケツバット〟などを痛くないものに変更する代替案を出したようです。しかし、内容をゆるくしてまで放送することに、ダウンタウンの松本人志が首を縦に振らなかった。ギリギリまで議論を重ねたが、結局、また中途半端な番組を放送することに。昨年よりは制作期間があるとはいえ、今年も視聴率はかなり厳しいものになりそうです」(同・記者)

視聴率が毎回15%を超えていた「おばけ番組」を終わらせたくない日テレの思惑とは裏腹に、松本同様、吉本興業も難色を示していたとされる。

他局のスタッフも複雑な表情だ。

「ダウンタウンさんはCMも多数抱えていますからね。冠特番で批判を浴び、万が一にもBPOで審議入りでもすれば、それこそ取り返しがつかなくなる。松本さん以上に、吉本さんが二の足を踏むのも理解できます。おかげでウチらはチャンスあり、と意気込んでいますが、手放しでは喜べない。いずれ、明日は我が身になるのが目に見えているからです」

さすがの日テレも、『笑ってはいけない』に見切りをつけるようだ。

「毎年、ギリギリまで松本さんや吉本さんと交渉し、結果的に時間切れになって〝やっつけ番組〟を放送するわけにはいかない。今年の交渉決裂をもって、『笑ってはいけない』シリーズは終了の方向で話が固まりつつあるようです。来年以降は、早い段階からしっかりとしたプロジェクトチームを作って、新たな大みそかの特番を作る方針だと聞いています」(同・スタッフ)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル