top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

元アイドルが女児のダンスを撮影する男性らに疑いの目「何を撮っているのか…」

週刊実話WEB

(画像)New Africa / shutterstock

元SDN48の光上せあら(こうじょう・せあら=34)が、11月14日に自身のブログを更新。「幼い女児のダンスパフォーマンス」にカメラを向ける男性たちに〝疑いの目〟を向け、物議を醸している。

この日の光上のブログのタイトルは『江東湾岸祭り。この撮影を不安に思う私は考えすぎ?』だった。

【関連】“レースクイーン不要論”に女王が反論も「明らかに性的搾取」と冷めた声 ほか

同イベントに子連れで足を運んだという光上は、幼い女の子たちがダンスのパフォーマンスをしているステージに娘が釘付けだと報告した上で、観客席の写真を掲載し、こうつづっていた。

「お父さんではないね? どう見てもこの幼子を撮っているね? ね? 本格的なカメラだね? 絶対父ではなかったけども こんな本格的なカメラで真剣に、この幼子の何を撮っているのかな、。パンチラとかではないと信じたい、、」

光上がアップしている写真には、見物客の最前列にカメラの三脚がずらりと並び、数人の中高年男性たちが、高級そうな一眼レフカメラなどを構えている様子が映し出されていた。

広告の後にも続きます

「後で知ったけどこの子達の後に出たお姉さんグループがこの辺りを中心に活動するアイドルちゃんで もしかしたらそれかな?それなら安心なんだけど、女の子の幼子を持つ親として 一体なんの撮影なのかはつい考えてしまった 考えすぎ?」

爆笑の絵文字を添え、こう続けた光上だが、翌15日にも『自分がアイドルをやっていたからこそわかる事』と題した投稿で、持論を展開。

「まだ江東湾岸祭りのしこりが抜けないよう、、大の大人の大男がこんな立派なカメラで真剣に動画撮影する相手は 自分の子供くらいの幼子 一体どういう事なのか、、日本」

投稿のタイトル通り、自分がアイドルをやっていた時代を振り返り、「応援してくださるみなさんの存在を知っているから。それはそれは皆さん優しくて私は応援してくださるみなさんがいなかったらあの時の自分ではいられなかったし 本当に感謝している」とした上で、次のように断言しているのだ。

「あのカメラの彼らのは明らかに違う。応援するというのはそのアイドルの夢に乗っかって一緒に走っていくようなものなんだけど、、彼らは本当にそうなのだろうか? もちろん偏見で考えちゃいけないけど、まじで女の子の親の私としてはなんか不思議な光景に思えたよ あの子達の親はどのような気持ちなのか、、」

ピンクの細長いバルーンアートにも…

この一連の投稿に対し、ブログのコメント欄には賛同の声が寄せられている。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル