top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ロシアの敗色濃厚か…軍さえ望む!? 戦犯プーチンへの“死の裁き

週刊実話WEB

(画像)Harold Escalona/Shutterstock

日本時間15日夜遅く、ウクライナとの国境に近いポーランドに落下したミサイルがどこのものなのか慎重に見極める必要がある中、ウクライナに侵攻したロシア軍が末期状態に陥っている。

わずかな訓練を受けただけの部隊が全滅し、兵器も弾切れ状態でイランや北朝鮮に頼る始末だ。クレムリン(大統領府)周辺では、惨敗の責任をウラジーミル・プーチン大統領に押し付けようとする動きも出てきた。民間人の殺害やインフラ施設の破壊など、「戦争犯罪」に問われる事態も現実味を帯びている。

【関連】北朝鮮ミサイル連発でロシアと “核同時発動”!? プーチン核攻撃『Xデー』迫る ほか

プーチン大統領が9月21日に署名した「部分的動員令」では、深刻な兵員不足を補うために約32万人が召集された。動員から逃れようと約70万人がロシア国外に逃げ出したといわれるが、ウクライナの前線に送り込まれた動員兵の様子を見る限り、彼らの判断は正しかったようだ。

9月30日、ロシアが一方的に「併合」を宣言したウクライナ東部のルガンスク州では、動員兵の1個大隊約570人が配置されたが、直後に500人以上が戦死するなど、ほぼ全滅状態となった。動員兵らは最前線から約15キロ離れた地域で塹壕を掘るように命じられたが、シャベルは30人に1つしか与えられず、大半は手で土を掘らざるを得なかったという。そんなところにウクライナ軍の砲撃を受けては、ひとたまりもない。

訓練の時点ですでに動員兵からは不満が漏れていた。ロシア中西部では100人以上の動員兵が、上官に「支給されたのは1970年代の旧式の銃で、さびていて撃つことができない」と抗議したほか、食料や水も不足していると訴えた。

落ちてしまった士気は一向に上がらない

広告の後にも続きます

南西部の訓練場でも動員兵100人以上が上官を取り囲み、「月給19万5000ルーブル(約45万円)が未払いだ」と詰め寄った。慌てたプーチン大統領が同額の一時金を支払う法令に署名するなど、国家レベルで事態の収拾に追われた。

ロシア軍の犠牲者が日増しに増える中、動員は予備役にとどまらない。プーチン大統領は殺人や強盗、麻薬などの犯罪で有罪となった受刑者や前科者の召集についても、合法化する法改正に署名した。テロリストやハイジャック犯、スパイ以外の犯罪者なら、軒並み総動員される可能性がある。

戦国時代ならいざ知らず、現代の戦争で装備もないまま前線に立てば、待っているのは死しかない。しかも、まともに報酬も与えられないのではあまりに悲惨だ。

しかし、そこまでして動員兵を投入しても、ロシア軍の戦況は改善していない。ウクライナで占領地を拡大するどころか、併合した東部と南部の4州でウクライナ軍の反撃を受け、障害物を置いたり穴を掘ったりして防衛線を設置するのが精いっぱいだ。

「ウクライナも厳しい状況だが依然として軍の士気は高く、アメリカが防空システムを供与するなど西側の支援も継続している。ロシアは長期戦に持ち込み西側の支援疲れを待つしかないが、軍の士気は一向に上がらず、攻勢を強める糸口は見えてこない」(軍事ジャーナリスト)

戦争が長期化すれば、西側の経済制裁がじわじわとロシアを痛めつける。動員をめぐってロシア国民の反発は強まっており、プーチン大統領が2月24日に始めた「特別軍事作戦」が失敗に終わった場合、いよいよ責任の取り方が問題になってくる。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル