top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

普通の人に見えて大金持ち…現代の富裕層、5つのタイプ

幻冬舎ゴールドオンライン

莫大な資産を保有する日本の富裕層は、近年大きく変わった……海外移住のサポートを行い、これまで2万人を超える富裕層をみてきた大森健史氏は、そう実感しているといいます。いまどきの“シン富裕層”の実態とは? 今回は、昨今の日本の富裕層を5つのタイプに分けてみていきます。

現代のお金持ちは「リッチ感」ゼロ

40歳前後のその男性は、パーカーにスウェットパンツ、白のスニーカーというラフな服装で現れた。小さなクラッチバッグをひとつ持ち、「こんちは」と軽くあいさつをする。

「マレーシアがいいって聞いたんで、移住しようかと思うんですよね」

人生の大きな転機ともなりそうな「海外移住」を、数日間の小旅行にでも行くような気軽な口調で話題にする。

「マレーシアは、最近ビザの条件が改悪されたんですよ」

広告の後にも続きます

必要な資産額も3倍ほどになったこと、年間90日の居住義務もできたことなどを私から丁寧に説明すると、「へぇ、じゃあ、どこの国がいいんですか?」と質問をしてくる。

「そうですね、今はドバイが人気です。『全世界所得課税』ではなく、そもそも現時点では所得税も法人税もありません。日本の国内源泉所得に対する日本の課税以外、ドバイでの収入に対しては当然ゼロですし、贈与税も相続税もないんですよ」

「それは税金面でいいですね。でも中東って、なんか治安悪そうなイメージなんですけ
どねぇ」

「いえいえ、治安も良く、お子様が英語教育をしっかりと受けられるような学校も充実
していて、物価も東京と同じくらいなんですよ」

現地の写真などを見せて説明すると、

「なるほどねぇ。僕、ネットで情報商材を販売している仕事なんですけど、ドバイってネット環境とかはどうなんですか?」

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル