top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「これからが本当の勝負」未だ見ぬ虹を追いかけ、今、旅だちのとき。

幻冬舎ゴールドライフオンライン

ある日文通サイトにアクセスすると…日本と北アイルランドで育まれた、青年2人の友情物語。※本記事は、オハラ ポテト氏の小説『未来旅行記 この手紙を君へ』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

第三章 三日坊主百回の薦(すす)

私はもう一度、十年前のロバートからの手紙を読み返した。

「二〇〇三年二月二十五日、親愛なる健へ、僕のメッセージに返事をくれて本当にありがとう。朝食を摂ろうと、いつものように台所へ行ったら、君の手紙がテーブルに置いてあって、びっくり!すごく嬉しかったよ!だから学校にまで、君の手紙を持っていって、何回も読み返したよ!」

私は濃い霧の中、広大な大地を、何の当てもなく彷徨(さまよ)っているかのようだった。だが厚く覆われた雲の隙間から覗(のぞ)く、その一筋の太陽の光に、人生の活路を見出そうとしていた。彼の直筆の文字には、何ともいえない、人間的な温もりがあった。会ったこともない外国人の私を、心からの親友として敬い、励ましの言葉を贈ってくれた。

「二〇〇三年四月四日親愛なる健へ、

広告の後にも続きます

この前送ってくれた健からの手紙を、また何回も読み返したよ。その中で健が、時々孤独を感じるって、書いていたよね?

僕も同じだよ。別にこんな風に感じるのは、健だけじゃないし、ごく自然なことだと思うよ。多分、健は内気で、新しい友達を作ろうとすると、相手に敬遠されるのが怖くて、難しいと感じるだけじゃないかな。

でも大丈夫だよ!もしそうなら、周囲の人たちが、健のことを真っ先に大好きになることを、僕が保証するよ!だって僕は、健のことが、友達として知れば知るほど、大好きになってきたのだからね。毎回健の手紙を、僕は楽しみに待っているよ!

健は明らかに、知的で、繊細で、思いやりがあって、思慮深くて、フレンドリーな親近感を持てる人だから、みんな君のような友達が欲しいと思っているはずだよ!

だから健は、自分にもっと自信を持って!」

私は胸が熱くなるのと同時に、涙が溢(あふ)れ出てきた。ロバートは空想の人じゃない! 現実に存在している! ただユーラシア大陸の東と西にお互い生きていて、二人の点と点が、まだ本当の意味で線になっていないだけだ。本当の線にするかしないかは、今の私にかかっている。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル