top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

実験室で作られた食用の培養肉をFDA(アメリカ食品医薬品局)が承認。安全性が認められる

カラパイア


 人工的に培養された肉が、アメリカのスーパーの棚に並ぶ日が大きく近づいた。アメリカ食品医薬品局(FDA)が、初めて培養肉の安全性を認めたのだ。

 アメリカの培養肉企業「アップサイド・フーズ社(UPSIDE Foods)」がニワトリの細胞から培養した鶏肉は、この後農務省による検査が通れば、製品の販売が可能になるという。

FDAが初めて安全性を認めた培養肉

 FDAがアップサイド・フーズ社に宛てた書簡には次のように記載されている。
培養ニワトリ細胞からなる、あるいはそれを含む食品は、ほかの方法で生産された同等の食品と同様に安全であるというアップサイド社の結論について、現時点では何らの疑問もない
この投稿をInstagramで見る

UPSIDE Foods(@upsidefoods)がシェアした投稿

 従来の食肉生産が環境にもたらす悪影響を解決してくれると、以前から喧伝されてきた培養肉だが、それが本当にいいものなのかどうか疑問視する研究もある。

 気候変動や環境汚染に与える影響を測定することは現実には難しく、食品生産が環境に与える影響には、さまざまな要因が絡む。

 培養肉の場合、重要な要素として、細胞の培地に含まれる穀物を栽培するための土地や、培養施設の稼働に必要なエネルギーが挙げられるが、これに関する試算はまちまちだ。

 米国の培養肉企業は、FDAから承認を得るべく長いこと競い合ってきたが徒労に終わっていた。

 FDAの承認がなければ、いかなる企業も一般市場に流通させられるだけの規模で生産することは叶わない。

 そして今回初めてアップサイド・フーズ社の培養鶏肉の安全性が認められたのだ。

培養肉は食の未来になるのか?

 2020年、シンガポールは世界で初めて培養肉(イート・ジャスト社の鶏肉)の販売を承認した。

 だが今回のFDAの認証はそれと同じものではない。培養肉製品を販売する為には、これからさらに農務省と食品安全検査局から監督を受けねばならない。

 それでも、培養肉を一般家庭の食卓へ届けるための、大きな一歩ではある。

 食用に動物を殺す必要がなくなり、気候変動対策にも役立つ培養肉を「食の未来」とし、その開発にかけてきた企業はいくつもある。

 アメリカではいよいよ、その真偽を自分の口と胃袋で確かめられるようになるのかもしれない。安全性はもちろんだが、やはり重要なのは味や食感だろう。

References:UPSIDE Foods is the First Company in the World to Receive U.S. FDA / FDA approves lab-grown meat for the first time – CBS News / written by hiroching / edited by / parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル