top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

キンプリ退所の3人に手越祐也が送る「独立後の過酷な現実」重大メッセージ

アサ芸プラス

「1人になるっていうのはめちゃくちゃ大変だよ、ってことは伝えたい。楽じゃないです。やっぱり今までいかに事務所の看板が大きかったのか、とか…」

 ジャニーズ事務所の退所を発表したKing&Prince(キンプリ)メンバー3人についてこう語ったのは、自らも20年6月にジャニーズを退所している、元NEWSの手越祐也だ。

 手越は都内で行われたイベントに登場。そこではジャニーズ関連の話題には触れなかったが、イベント後に「朝生ワイド す・またん!」(読売テレビ)の直撃取材を受け、口を開いた。

 過去にキンプリのメンバーと接したことがあるという手越は3人に向けて、

「彼らを応援しているファンの子も、彼ら自身も、幸せになってほしいと思います」

広告の後にも続きます

 とエールを送ったのだが、続けて語り始めたのが、冒頭のような独立後の大変さで、

「相当なメンタルの強さもさらに必要」

「もちろん楽な道ではなく、茨の道ではあると思う」

 などと、自分に重ね合わせるように話していた。芸能ライターはそんな手越について、

「最近は少々、活動に行き詰まり感があります。独立後に開設したYouTubeの登録者は、ピーク時には約170万人いましたが、現在は143万人まで減少。自身がプロデュースする脱毛サロンを7店舗に拡大させたものの、2022年2月に経営悪化が報じられ、5月末には全店閉店に追い込まれました。また一時期、TOKYO MXに自ら営業をかけていたという話もあります。『丸腰』になった苦難を、身をもって体験しているだけに、脱退メンバーたちへのメッセージには説得力があります」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル