top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

人気YouTuber「虹色侍」のロット、相方とのトラブルを示唆 「3年前から弁護士についてもらっている状態」

yutura

11月16日、「ロデちゃん(旧・ロット)」(登録者数3200人)が「虹色侍」(同126万人)としての活動が再開できない現状を、ツイッターで明かしました。

虹色侍とは

虹色侍はボーカル担当「ずま」とギター・ボーカル担当「ロット」の2人組のミュージシャンです。お題をもらって5秒で曲を作る即興ソングを得意とし、即興とは思えない高いクオリティが評価されています。他にも、ある曲を別のアーティスト風にアレンジしたり、レゲエっぽく歌ったりなど、多様で斬新な音楽活動をしています。

2019年9月にロットが入院を発表し、2人での活動は休止に。ロットの休止中、ずまはソロで活動を継続し、2021年5月には登録者数100万人を達成しています。

本来なら虹色侍として活動できるはずの状態

今年8月、ロットは「ロデちゃん」に改名し、自身の新しいチャンネルで動画を投稿し始めました。ファンからは昔のように虹色侍としての活動再開を望まれますが、ロデちゃんは何らかの事情があることを匂わせつつも、明確な回答は避けていました。

11月8日、ロデちゃんは「虹色侍について」という動画を公開し、虹色侍の公式SNSにログインできなくなっていることを報告。2人で活動しているときは収益は折半だったものの、入院以降は収益をほとんどもらっていないといい、現在は1円ももらっていないと明かしました。
(関連記事「虹色侍にコンビ間の確執? ロットが『SNSにログインできない』『1円ももらっていない』と告白」)

広告の後にも続きます

11月16日、前回の動画の補足師として、ロデちゃんは虹色侍の現状をツイートしました。これによると、個人チャンネルを立ち上げる際に、ずまに確認し了承を得ていたとのこと。また、SNSやYouTubeは、ロデちゃんが使用する前提で契約しているといいます。

また、ロデちゃんは3年前から弁護士を付けていて、現在も発言内容が制限されていのだとか。その中でも言えることとして「本来なら僕は虹色侍として活動が出来るハズの状態ではありますが、これが叶わない状態だと言う事です」と報告。コンビ間の確執が長期間に渡って継続していることを匂わせました。

ロデちゃんはこのような状況でも新しいチャンネルを開設したのは、

音楽をやって行きたい、早く皆様に元気な姿を見せたいという気持ちを強く持つようになった

からであると綴っています。

ずまの方からは、今のところこの件についての言及はありません。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル