top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

画一的な義務教育の弊害…世界の大学ランキングに日本が入らないワケ

幻冬舎ゴールドライフオンライン

再び、世界のトップを狙える国へ。現役市議会議員が、働く場と所得の増加を軸に、6つの政策を提言。30年以上、経済の停滞から抜け出せずにいる日本。かつての輝きと体力を取り戻すには、“新しい挑戦=リセット”を恐れず、実行していかねばならない。※本記事は、伊藤弘明氏の書籍『The Great Reset of JAPAN 日本の再生方法』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

【前回の記事を読む】政府は「日本の将来は大丈夫ですよ」と説明をすべき理由

第四章 教育改革

(1)義務教育の見直し

義務教育といえば6・3・3制のうちの6・3の9年間をいうのであるが、日本の未来を展望した時にその9年間の義務教育という制度がこのままでいいのかというとそうではないと思う。基本的な義務教育の目的から改革が必要である。

戦後の日本における教育は、「生活・経験重視のカリキュラム」「系統・構造重視のカリキュラム(詰め込み教育)」「人間性重視のカリキュラム(ゆとり教育)」「生きる力を育む教育」と大雑把に言ってそのように推移をしてきた。ただ一貫しているのは、一律な教育によって落ちこぼれのないように子供を育てていくという基本に立って行われてきたと思っている。

広告の後にも続きます

しかしそのことは逆から見れば落ちこぼれない代わりに、突出した才能を伸ばす教育ではなかったのではないか。日本の子供たちの学力が低下を続けて低迷をしている。かつては数学について世界のダントツを走っていた日本の教育は諸国の追随を受け目立つ存在ではなくなった。

一つの例として、現在の世界の大学ランキングには日本の大学はトップグループに入ることができない(英国の教育情報誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」の「THE世界大学ランキング2021」による。ちなみに日本の東京大学は36位である)。

私は教育の内容を一律にすることも大事かもしれないが、個々に有する才能を高く伸ばしてあげる教育が今こそ必要ではないかと思うのである。

数学に才能を有する子供、科学に才能を有する子供、物理に才能を有する子供、医学に才能を有する子供、それが音楽だったり絵画だったり文学だったり、何でもいいのである。素晴らしく秀でた才能を開花させる教育を義務教育の段階から特別なカリキュラムの中で行っていくべきだ。

一律の教育だけでこれからの日本を担っていく優秀な若者を育てていくことができるのか。普通の一般的な子供たちはそれでもいいのかもしれないが、世界のトップを走っていけるような若者を育てていくには、特別な教育が必要ではないのか。このセクションの表題は義務教育の見直しとしているが、むしろ義務教育の目的の見直しといったほうが適切だろう。

私は、そういう意味で今こそ義務教育の見直しが必要だと考える。将来の日本の発展のために、子供たちの才能を大きく開花させるツールが必要なのである。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル