top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

羽生結弦 恩師がプロ初公演で見た“母離れ”の覚悟「ひとり立ちの瞬間」

女性自身

羽生結弦 恩師がプロ初公演で見た“母離れ”の覚悟「ひとり立ちの瞬間」

「私が感無量で手を差し伸べたら、羽生も手を握ってくれました。羽生の手は男性の手ではないような柔らかい、優しい手でした」

 

羽生結弦(27)の恩師・都築章一郎さん(84)が、そう語る。

 

プロとして初のアイスショーが11月4日に開幕し、大盛況のうちに2日間の横浜公演を終えた羽生。12月には八戸公演が控えるが、横浜公演同様、全国の映画館でライブビューイングが行われることも発表。ファンの熱狂は続きそうだ。

広告の後にも続きます

 

小学2年生から高校時代まで羽生を指導していた都築さんは、「担当の方が“羽生から頼まれて”と連絡をくれまして」と初日の4日に招待された。ショーでは羽生が、

 

「事前のリクエスト募集のなかに『スパルタカス』がありましたが、その振付をしてくださった都築先生が今日、会場に来ています」

 

と言うと、最前列に座る都築さんにスポットライトが。羽生がその席まで近寄り、2人は固い握手を交わした。都築さんは言う。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル