top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

今日からできる!お風呂の「ガス代節約術」

クックパッドニュース

今日からできる!お風呂の「ガス代節約術」

寒い季節はガス使用量が多くなり、ガス代が高くなる傾向があります。最近はガスの値上がりやガス不足も懸念されているため、賢くガスを使いたいところ。今回は、我が家で心掛けているお風呂の「節ガスポイント」を3つ紹介します。

画像は我が家の給湯パネルです。

お風呂での節ガスポイントは3つ。

(1)自動運転をOFF
(2)湯量は少なめに設定
(3)設定温度を40℃に

それでは、さっそく順番に見ていきましょう。

(1)自動運転をOFF


お湯の温度が下がると自動的に追い焚きをして温め続ける「自動運転」機能。便利ですが、お風呂を沸かしてから入浴までの間隔が空いたり、家族が続けて入浴できない場合は、ガス代がかさむ原因になりますので、お風呂が沸いたらいったん自動運転をオフにしましょう。

(2)湯量は少なめに設定


広告の後にも続きます


この画像は、我が家で使用している給湯器の説明書を切り取ったものです。我が家は最も湯量が少ない「1」で設定しています。この表を見ると湯量「1」は約130Lです。

こちらが実際の湯量です。

実際の水位は、30cmありました。二人暮らしの我が家ではこの水量でも十分で、翌日は残り湯で洗濯もしています。


  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル